クイックスタート:ビデオ

次の順を追ったワークフローに従って、Scene7 のアダプティブビデオセットの操作方法をすばやく習得できます。各手順の最後に、それぞれの内容について詳しく説明している見出しの参照先を示しています。

1. ビデオのアップロードとエンコード

次の 2 つのシナリオのうちいずれかを使用して、アダプティブビデオセットをアップロードおよび生成します。

  • エンコード済みのビデオのアップロード - ビデオが Scene7 の外部で既にエンコードされている場合は、グローバルナビゲーションバーの「アップロード」をクリックし、MP4 または F4V ビデオファイルを直接 Scene7 Publishing System にアップロードします。次に、ビルドアダプティブビデオセットをクリックします。ビデオファイルを参照します。目的のビデオファイルを「アダプティブビデオセット」テーブルにドラッグアンドドロップし、セットを保存します。

  • マスターソースビデオのアップロード - ビデオがエンコードされていない場合は、グローバルナビゲーションバーの「アップロード」をクリックし、マスタービデオソースファイル(MP4、FLV および F4V 形式以外のファイル)をアップロードします。アップロードされたファイルは Scene7 Publishing System により MP4 ファイルにエンコードされます。アップロードオプションを設定ダイアログボックスの「eVideo オプション」で、「アダプティブビデオ」を選択します。

    これは推奨されているオプションで、アップロードしたビデオのサイズに合わせて、ビデオに適切なエンコーディングプリセット(16:9 または 4:3)を自動的に適用するアダプティブビデオセットを作成できます。アップロードジョブを送信すると、アダプティブビデオセットが自動的に作成されます。このアダプティブビデオセットには、適切な縦横比の 3 つのビデオエンコードが含まれます。

    または、同じオプションダイアログボックスの「eVideo オプション」で「シングルエンコーディングプリセット」を展開し、MP4 ファイルを作成するために必要なビデオエンコードオプションを、「デスクトップ」、「モバイル (iPhone、iPad、Android)」および「タブレット (iPad、Android)」から選択します。

  • または、再処理機能を使用してマスタービデオを再処理することもできます。新しくエンコードされたビデオは、既存のアダプティブビデオセットに追加されます。

詳しくは、ビデオのアップロードとエンコードを参照してください。

関連項目

ビデオのエンコーディングのベストプラクティス

オプション

Scene7 では定義済みのビデオエンコーディングプリセットを多数提供しています。これらの定義済みプリセットは、今日の最も一般的なビデオエンコーディング設定を反映しており、ターゲット画面での再生用に最適化されています。

ただし、さらにカスタマイズする必要がある場合は、管理者はビデオプリセットを作成して、エンドユーザー向けのビデオのサイズと再生操作をカスタマイズすることもできます。管理者は、ビデオプリセットページでビデオプリセットを追加および管理することができます。ビデオプリセットページは、設定/アプリケーション設定/ビデオプリセット/シングルエンコーディングプリセットからアクセスできます。ビデオプリセットページには、ビデオプリセットの追加、編集、削除およびアクティブ化を行うオプションがあります。

詳しくは、ビデオエンコーディングプリセットの操作を参照してください。

2. ビデオビューアでのビデオのプレビュー

デスクトップ、Web サイトまたは携帯端末でエンドユーザーが再生するビデオを確認するには、参照パネルでビデオを選択し、「プレビュー」をクリックします。

詳しくは、ビデオビューアでのビデオのプレビューを参照してください。

ビデオはプレビュー画面で再生できます。別のビデオビューアを選択して、異なるプレーヤーでビデオがどのように再生されるかを確認することもできます。ベストプラクティスとして、デスクトップ、タブレットおよび携帯端末でのマルチ画面再生には HTML5 ビデオプレーヤーを使用します。

オプション

ビューアプリセットのカスタマイズ - Scene7 には、ビデオ配信用の定義済みビューアプリセットがあります。これらのプリセットは、ビューアの外観と、その再生コントロールの動作を決定します。管理者はビデオビューアをカスタマイズするために、ビューアプリセットページでビューアプリセットを追加および管理することができます。このページを開くには、Scene7 Publishing System の右上隅にある設定/ビューアプリセットをクリックします。ビューアプリセットページには、ビューアプリセットの追加、編集、削除およびアクティブ化を行うコマンドがあります。

詳しくは、ビデオビューアプリセットの操作を参照してください。

3. Web サイトやモバイルサイトへのビデオの配信

ビデオを Web サイトに統合するには、次のいずれかの操作を行います。

  • 独自のポップアップウィンドウまたはモーダルウィンドウでビデオを表示します(「URL をコピー」機能を使用する必要があります)。

    ビデオの URL を取得するには、グリッドビューまたはリストビューの参照パネルでビデオを選択します。「プレビュー」をクリックし、Universal_HTML5_Viewer の右側の「URL をコピー」をクリックします。

    「URL をコピー」をクリックすると、URL がクリップボードにコピーされます。Web サイト、モバイルサイトまたはアプリケーションの HTML にこのコードを設定します。

    注意: URL はビデオまたはアダプティブビデオセットを公開するまでアクティブになりません。
  • Web ページに埋め込まれたビデオを表示します(「埋め込みコード」機能を使用する必要があります)。

    ビデオの埋め込みコードを取得するには、グリッドビューまたはリストビューの参照パネルでビデオを選択します。プレビュー/ビューアリストをクリックします。表の「アクション」列の下で、Universal_HTML5_Video の右側の「埋め込みコード」をクリックします。コードの編集はできません。

    「閉じる」をクリックして、埋め込みコードを Web ページに貼り付けます。

    注意: 埋め込みコードはビデオまたはアダプティブビデオセットを公開するまでアクティブになりません。

詳しくは、Web サイトやモバイルサイトへのビデオの配信を参照してください。