ADT を使用した AIR 中間ファイルへの署名

ADT で AIR 中間ファイルに署名するには、-sign コマンドを使用します。sign コマンドは、AIR 中間ファイル(拡張子 airi)に対してのみ有効です。AIR ファイルに 2 回署名することはできません。

AIR 中間ファイルを作成するには、adt -prepare コマンドを使用します(ADT prepare コマンドを参照)。

AIRI ファイルへの署名

 ADT の -sign コマンドを次のシンタックスで使用します。
adt -sign SIGNING_OPTIONS airi_file air_file

SIGNING_OPTIONS この署名オプションは、AIR ファイルへの署名に使用する秘密キーと証明書を指定します。これらのオプションについては、ADT コード署名のオプションで説明しています。

airi_file 署名する未署名の AIR 中間ファイルのパスです。

air_file 作成する AIR ファイルの名前です。

ADT -sign コマンドの例

adt -sign -storetype pkcs12 -keystore cert.p12 unsignedMyApp.airi myApp.air

詳しくは、ADT sign コマンドを参照してください。