レイヤーの操作

「レイヤー」リストと「レイヤーのプロパティ」領域を使用して、レイヤーを操作します。レイヤー重なり順を変更したり、サイズと位置を変更したり、レイヤーを回転させたり、レイヤーの背景色、前景色、不透明度および描画モードを指定することができます。

また、カンバスのサイズを変更したり、背景色を選択したり、不透明度設定を変更することもできます。

レイヤーの重なり順を変更

レイヤーの重なり順を変更すると、特に透明度や刷り重ねが関係している場合に、外観が影響を受ける場合があります。変更を確定する前に、必ず結果をプレビューしてください。

 テンプレート内のレイヤーの順序を変更するには、次の手順のいずれかに従います。
  • 「レイヤー」リストで、レイヤーを選択します。レイヤーがリスト内で正しい位置になるまで、上向きボタンまたは下向きボタンを必要な回数だけクリックします。

  • 「レイヤー」リストで、レイヤーを上または下にドラッグします。

レイヤーとカンバスのサイズと位置の変更

レイヤーは、カンバスに収まるサイズでなければなりません。レイヤーまたはカンバスのサイズは、手動またはサイズ値を入力して変更することができます。レイヤーの位置は、手動またはオフセット値を入力して変更することができます。また、レイヤーを回転させることもできます。

テンプレートと同じサイズの画像プリセットを作成することをお勧めします。画像プリセットのサイズをテンプレートのサイズと同じにすることで、テンプレートの最終出力サイズとシャープオプションが正しく設定されます。画像プリセットの作成後は、テンプレートのプレビュー画面のプリセットを適用メニューからこれを選択することができます。画面には、画像がサーバから配信されたときにどのように表示されるかが示されます。詳しくは、画像プリセットの設定を参照してください。

レイヤーのサイズの変更

レイヤーまたはカンバスのサイズを変更するには、「レイヤー」リストでレイヤーまたはカンバスを選択し、次のいずれかの手順に従います。

手動でのサイズ変更
レイヤーまたはカンバスの四隅を選択してドラッグします。テキストレイヤーでは、レイヤーの辺をドラッグすることもできます。縦横比(形状)を維持しながらサイズを変更するには、Shift キーを押しながらドラッグします。

レイヤーのサイズ値の入力
「レイヤーのプロパティ」領域の「W」(幅)と「H」(高さ)テキストボックスにサイズ値をピクセル単位で入力します。

レイヤーのサイズを変更できるとともに、パディングすることもできます。パディングするには、「レイヤーのプロパティ」領域の「左」、「右」、「上」、「下」ボックスにパディング値を入力します。パディングにより、ベースレイヤーの周囲からオフセットさせるためのマージンが現在のレイヤーに追加されます。パディングは、ドロップシャドウや光彩(外側)効果を追加し、これらの効果を目立たせたい場合に便利です。パディングにより、レイヤーのサイズが増加し、拡張されたパディング領域に背景色が表示されます。ベースレイヤーは、レイヤーの新しいサイズを基準に自動的に再配置されます。例えば、現在のレイヤーがベースレイヤーの中央にある場合、レイヤーの左側を広げると、レイヤーはベースレイヤーの右方向へ移動します。

レイヤーの位置の変更

カンバス上でのレイヤーの位置を変更するには、「レイヤー」リストでレイヤーを選択して、次のいずれかの手順に従います。

手動での位置の変更
レイヤーの境界線に重ならない程度に近い位置にポインタを移動し、ポインタが 4 方向の矢印カーソルに変わったら、クリックしてドラッグします。

位置オフセット値の入力
「X」および「Y」テキストボックスに X および Y のオフセット値を入力します。これらの値は、アンカーポイントの x および y オフセット(ピクセル単位)を表します。

レイヤーの回転

回転ボックスに、レイヤーの回転角度が表示されます。レイヤーを回転させるには、「レイヤー」リストでレイヤーの名前を選択して、次のいずれかの手順に従います。

手動での回転
レイヤーの四隅に重ならない程度に近い位置にカーソルを移動します。カーソルが回転カーソルに変わったら、レイヤーの隅をドラッグします。15°単位で回転させるには、Shift キーを押しながらドラッグします。

角度値の入力
角度値を入力して、レイヤーを回転させます。正の角度値を指定すると時計回りに回転します。反時計回りに回転させるには、負の値を指定します。

レイヤーまたはレイヤー効果の非表示

レイヤー名またはレイヤー効果名の横にある眼アイコン をクリックして、レイヤーまたはレイヤー効果を非表示にすることができます。非表示になったレイヤーは、プレビューまたは出力で表示されません。レイヤー情報は URL から削除されません。代わりに、レイヤーが非表示になっていることを示す「hide=1」が URL に追加されます。以下に例を挙げます。

layer=5&src=is{PortalCo/title}&pos=274,192&effect=-1&.effect=Drop Shadow&blendmode

layer=5&src=is{PortalCo/title}&pos=274,192&hide=1&effect=-1&.effect=Drop Shadow&blendmode

背景色、不透明度、および描画モードの決定

レイヤーまたはカンバスの背景色、不透明度、および描画モードを選択するには、レイヤーまたはカンバスを選択して、次のいずれかの手順に従います。

前景色
前景色ボタン をクリックし、カラースウォッチを選択して、シャドウまたは光彩のカラーを変更します。また、ボックスにカラー値パラメータを入力することもできます。背景色は、透明化の設定が有効なレイヤーにのみ適用されます。例えば、値札の部分的に透明なレイヤーや、テキストフィールドの背景に適用されます。透明化の設定がオンになっている PSD、TIFF または PNG 画像で構成されるレイヤーは、背景を透明にすることができます。

背景色
背景色ボタン をクリックし、カラースウォッチを選択して、パディング領域のカラーを変更します。

不透明度
レイヤーを半透明にして下にある画像の一部が表示されるようにするには、不透明度スライダをドラッグします。100 %にすると完全に不透明になり、0 %にすると透明になります。

描画モード
Photoshop で利用可能な描画モードと同様の効果を得るには、標準、ディザ合成、明るく、暗く、乗算、スクリーンのいずれかのオプションを選択します。これらのオプションは、カンバスではなく、レイヤーで利用できます。