テキストレイヤーの作成

  1. テキストツール を選択します。

  2. ドラッグして、カンバスまたは画像にテキストボックスを作成します。

  3. 表示されたテキスト画面の「プレビュー」タブで、次のいずれかの操作を行ってテキストを追加します。

    • テキストボックスにテキストを入力します。「テキストフィールドにフィット」を選択してテキストボックスにテキストを合わせます。

    • クリップボードからテキストボックスにテキストをペーストします。

  4. 「適用」をクリックし、テキスト画面を閉じます。

テキストの書式設定

テキストレイヤー内のテキストの書式を設定するには、次の手順に従います。

  1. 「レイヤー」リストで、編集するテキストのテキストボックス名をダブルクリックします。テキストエディタが表示されます。

  2. テキストボックスで、書式を設定するテキストを選択します。すべてのテキスト、テキストの一部、または個々の文字を選択できます。

  3. 必要に応じて、次の書式オプションを指定し、「適用」をクリックします。

    フォント
    フォントメニューでフォントを選択します。目的のフォントがメニューに表示されない場合は、そのフォントを Scene7 Publishing System にアップロードすることができます。詳しくは、フォントを参照してください。

    フォントサイズ
    メニューからフォントサイズを選択するか、ボックスに特定のフォントサイズを入力するか、上向きまたは下向き矢印をクリックして 2 ポイントずつフォントサイズを増減します。

    カラー
    クリックして、テキストのカラーを選択します。

    太字、斜体、または下線
    テキストを選択し、テキストに適用する書式の種類のアイコンをクリックします。

    オールキャップス、上付き文字、または下付き文字
    テキストを選択し、テキストに適用する書式の種類のアイコンをクリックします。

    行揃え
    テキストレイヤー内のテキストを左揃え、中央揃え、右揃えするには、行揃えボタンを選択します。

    字送り
    単語間のスペースを調整する数値を入力または選択します。

    カーニング
    文字間のスペースを調整する数値を入力または選択します。

    行間
    行間のスペースを調整する数値を入力または選択します。

    ベースラインシフト
    選択した文字を周囲のテキストのベースラインを基準に上下に移動する数値を入力または選択します。このオプションは、分数を手動で設定したり、インライングラフィックの位置を調整したりする場合に使用します。

最後に実行した操作を取り消すには、「取り消し」をクリックします。「取り消し」をクリックした後で、取り消した操作を再度実行するには、「やり直し」をクリックします。

段落の書式設定

  1. 「レイヤー」リストで、編集するテキストのテキストボックス名をダブルクリックします。テキストエディタが表示されます。

  2. 書式を設定する段落を選択します。

  3. 必要に応じて、次の書式オプションを指定し、「適用」をクリックします。

    行揃え
    クリックして、行揃えの種類(左揃え、中央揃え、右揃え、または両端揃え)を指定します。

    段落の終わりの行揃え
    クリックして、段落の最後の行に対する行揃えの種類(最後の行を左揃え、最後の行を中央揃え、最後の行を右揃え)を指定します。

    行間
    段落のすべての行間のスペースを調整する数値を入力または選択します。

    すべてインデント
    クリックして、テキストのインデント幅を大きくします。

    インデントを削除
    クリックして、テキストのインデント幅を小さくします。

    一行目をインデント
    テキストの最初の行のインデント幅を指定します。

    段落前の間隔
    段落の最初の行のテキストの上に確保するスペースを指定します。

    段落後の間隔
    段落の最後の行のテキストの下に確保するスペースを指定します。

    垂直方向揃え
    テキストボックス内でテキストを表示する垂直方向の位置(上揃え、中央揃え、下揃え)を選択します。

    テキストの方向
    テキストを表示する方向(右から左、左から右)を選択します。

テキストレイヤーのプロパティの調整

  1. 基本テンプレート画面で、調整するテキストボックスを選択します。

  2. レイヤーのプロパティパネルで、必要に応じて、次のオプションを選択します。

    テキストを縮小 (テキストエディタ v4.2 のみ)
    選択すると、テキストボックス内に収まるようにテキストが縮小されます。

    ワードラップ (テキストエディタ v4.2 のみ)
    テキストを折り返すかどうか、またどのように折り返すかを指定するには、ラップオプションを選択します。
    ラップ
    横幅が小さいテキストボックスに収まるように、テキストを折り返します。

    ラップなし
    テキストボックスの横幅が小さすぎる場合にテキストを折り返さず、代わりに、テキストの一部を省略します。

    NB ラップ
    (単語改行なしラップ)テキストボックスに収まるようにテキストを折り返しますが、単語の途中では改行しません。

    位置
    カンバスでテキストボックスの位置を指定します。

    パディング
    マージンを追加するか、レイヤーの長方形を小さくします。左、上、下、右に対して、追加または削除するピクセル数を指定します。マージンを追加するには正の数を入力し、小さくするには負の数を入力します。

テキストソースコードの表示と編集

テキストエディタの「ソース」タブに表示される情報は、参照用です。ソースコードの編集に精通している場合にのみ、テキストを編集してください。

  1. 「レイヤー」リストで、編集するテキストのテキストボックス名をダブルクリックします。テキストエディタが表示されます。

  2. テキストエディタの「ソース」タブをクリックし、テキストのソースコードを表示します。

  3. 必要に応じて、テキストを確認または編集します。

    プレビュー表示とソース表示を切り替えても、変更は反映されないままです。

  4. 「適用」をクリックして、編集内容を表示します。