メタデータプリセット

メタデータプリセットにより、管理者はアセットに割り当てられたメタデータを制御したり管理したりできます。詳細ビューで、ユーザはアセットに関するメタデータを指定されたフィールドに入力できます。例えば、ユーザは所有者名、著作権情報、アドレスを入力できます。ユーザがこの情報を正確かつ完全に入力できるように、メタデータプリセットを作成できます。詳細ビューでメタデータプリセットを選択すると、メタデータフィールドに定義済みの値が入力されます。例えば、所有者名、著作権情報、アドレスが自動的に入力されます。

ユーザがアセットを説明するために詳細ビューで自動的に入力できるようにするメタデータ値のセットに対して、メタデータプリセットを作成します。

メタデータプリセットの作成または編集

  1. 設定/アプリケーション設定/メタデータプリセットを選択します。

  2. メタデータプリセット画面で、次のいずれかの操作を実行します。

    • プリセットを作成するには、「追加」をクリックします。「メタデータテンプレート名」フィールドにプリセットの名前を入力し、「メタデータビュー」をクリックしてドロップダウンリストのビューを選択します(詳しくは、メタデータビューを参照してください)。

    • 既存のプリセットを編集するには、メタデータプリセットリストからプリセットを選択して「編集」をクリックします。

  3. プリセットに含める見出しを展開し、プリセットに含めるフィールドに値を入力します。

  4. 「保存」をクリックします。

    プリセット用に選択したカテゴリとフィールドがプレビューパネルに表示されます。

メタデータプリセットの管理

  1. 設定/アプリケーション設定/メタデータプリセットを選択します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • プリセットをプレビューするには、プレビューするプリセットを選択します。プリセット情報(カテゴリとフィールド)がプレビュー画面に表示されます。

    • プリセットを削除する場合は、そのプリセットを選択して、「削除」をクリックします。