DOM 操作

DOM(ドキュメントオブジェクトモデル)操作は、XML コードを直接操作してデザインファイルを編集する方法です。DOM 操作では、コンテンツや外観の変更など、可変デザイン要素を詳細に制御することができます。また、必要に応じて新しい要素を作成することもできます。

Scene7 では、テンプレートの公開後に URL コマンドを使用して Scene7 FXG テンプレートの DOM を操作できます。FXG テンプレートのデザイン要素は、URL を通じてコマンドを渡すことで操作します。この方法により、グラフィックの属性を動的に操作および追加することができます。

DOM 操作を使用するには、Illustrator ファイルを Scene7 FXG ファイルに変換して SPS にアップロードする前に、ファイル内に s7:elementID を作成します。

重要: DOM 操作コマンドを使用する場合は、渡す値がすべて URL でエンコードされている必要があります。
注意: (Illustrator ファイル変換用の)Web-to-Print 向け Illustrator プラグインは FXG 2.0 への変換を行います。この仕様について詳しくは、www.adobe.com/go/learn_s7_fxg2_jp を参照してください。