ActionScript 側のコーディング

ネイティブ拡張は次の 2 つの部分で構成されています。

  • 定義した ActionScript 拡張クラス

  • ネイティブ実装

ActionScript 拡張クラスは、ネイティブ実装を使用してデータにアクセスし、データを交換します。このアクセスは、ActionScript クラスの ExtensionContext を使用して行われます。ExtensionContext クラスのメソッドにアクセスできるのは、拡張に含まれる ActionScript コードだけです。

拡張の ActionScript 側のコーディングには、次のタスクがあります。

  • ActionScript 拡張クラスのパブリックインターフェイスを宣言します。

  • 静的メソッド ExtensionContext.createExtensionContext() を使用して、ExtensionContext インスタンスを作成します。

  • ExtensionContext インスタンスの call() メソッドを使用して、ネイティブ実装内のメソッドを呼び出します。

  • ExtensionContext インスタンスにイベントリスナーを追加し、ネイティブ実装から送出されたイベントを監視します。

  • dispose() メソッドを使用して、ExtensionContext インスタンスを削除します。

  • ActionScript 側とネイティブ側の間でデータを共有します。どの ActionScript オブジェクトもデータとして共有できます。

  • getExtensionDirectory() メソッドを使用して、拡張のインストール先ディレクトリにアクセスします。拡張に関連するすべての情報およびリソースはこのディレクトリ内にあります(iOS デバイスに関しては、この規則に例外があります)。

ネイティブ拡張の例については、「Adobe AIR 用のネイティブ拡張」を参照してください。

ExtensionContext クラスについて詳しくは、『Adobe Flash Platform 用 ActionScript 3.0 リファレンスガイド』を参照してください。