ADT によるパッケージ化

AIR SDK バージョン 2.6 以降は、iOS と Android の両方のパッケージ化をサポートします。パッケージ化の前に、すべての ActionScript、MXML および拡張コードをコンパイルする必要があります。また、コード署名証明書が必要です。

ADT コマンドとオプションについて詳しくは、AIR 開発ツール(ADT)を参照してください。