アップロードオプション

ファイルをアップロードするときは、次のオプションを選択できます。

ジョブ名
このアップロードジョブの名前を入力します。ジョブとその他のアップロードジョブおよび公開ジョブがジョブページに記録されます。このページで、ジョブのステータスを確認することができます。

詳しくは、ジョブファイルの確認を参照してください。

アップロード後に公開
アップロードするアセットを自動的に公開する場合は、このオプションを選択します。ファイルを公開すると、ファイルがライブサーバーに送信されます。その後、これらのファイルの URL を外部の Web サイトやアプリケーションで使用することができます。このオプションは、アップロードページにもあります。

即時公開に関するお知らせの PDF も参照してください。

現在のフォルダでベース名が同じファイルを上書き
アップロードするファイルで同じ名前の既存のファイルを置き換える場合は、このオプションを選択します。アプリケーション設定/全般設定/アプリケーションへのアップロード/画像を上書きの設定によっては、このオプションの名前が異なることがあります。

ジョブオプション
「オプション」をクリックして、アップロードオプションを設定ダイアログボックスを開き、アップロードジョブ全体に影響を与えるオプションを選択します。これらのオプションは、すべてのファイルの種類で同じです。
注意: アプリケーションの全般設定ページから、ファイルのアップロードに適用する初期設定オプションを選択できます。このページを開くには、設定/アプリケーション設定を選択します。「初期設定のアップロードオプション」ボタンをクリックし、「アップロードオプションを設定」ダイアログボックスを開きます。
日時(FTP 経由でアップロードする場合のみ)
「一時」または「定期」を選択します。定期的なジョブを設定するには、「繰り返し」オプション(毎日、毎週、毎月またはカスタム)を選択して、公開ジョブの頻度を指定します。その後、必要に応じてスケジュールオプションを指定します。

現在のフォルダでベース名が同じファイルを上書き
アップロードするファイルで同じ名前の既存のファイルを置き換える場合は、このオプションを選択します。このオプションは、アップロードページにもあります。アプリケーション設定/全般設定/アプリケーションへのアップロード/画像を上書きの設定によっては、このオプションの名前が異なることがあります。

サブフォルダを含める(FTP 経由のアップロードのみ)
アップロードするフォルダのサブフォルダもアップロードする場合は、このオプションを選択します。アップロードするフォルダとサブフォルダの名前が自動的に Scene7 Publishing System に入力されます。

メタデータファイルを処理(FTP 経由のアップロードのみ)
タブ区切りファイルまたは XML ファイルをアップロードして、メタデータを複数のアセットに追加するには、このオプションを選択します。

詳しくは、メタデータの読み込み(FTP 経由)を参照してください。

切り抜きツールオプション
画像の余白ピクセルを自動的に切り抜くには、切り抜きメニューの「手動」を選択し、「上」、「右」、「下」、「左」の各フィールドに、ページの上下左右の端からそれぞれ切り抜くピクセル数を入力します。また、切り抜きメニューの「トリミング」を選択し、次のオプションを選択することもできます。
トリミング対象カラー:
カラーと透明部分のどちらに基づいて切り抜くかを選択します。
  • カラー:「カラー」オプションを選択します。隅メニューを選択し、切り抜く余白の色が最も正確に表示されている隅を選択します。

  • 透明度:「透明部分」オプションを選択します。

許容値:
スライダをドラッグして、許容値を 0 ~ 1 の範囲で指定します。
  • カラーに基づいたトリミングの場合:0 に設定すると、画像の隅で選択した色と正確に一致するピクセルのみが切り抜かれます。設定値が 1 に近づくにつれ、許容される色の違いが大きくなります。

  • 透明部分に基づいたトリミングの場合:0 に設定すると、完全に透明なピクセルのみが切り抜かれ、設定値が 1 に近づくにつれ、透明度の低いピクセルがあわせて切り抜かれるようになります。

カラープロファイルオプション
Scene7 動的配信用に最適化されたファイルを作成する場合のカラー変換を選択します。
デフォルトの色保存
画像にカラースペース情報が含まれている場合は常に、ソース画像の色を維持します。カラー変換は実行されません。今日ではほぼすべての画像に、既に適切なカラープロファイルが埋め込まれています。ただし、CMYK ソース画像に埋め込みのカラープロファイルが含まれていない場合は、sRGB(標準の赤、緑、青)カラースペースへのカラー変換が実行されます。Web ページに画像を表示する場合のカラースペースには sRGB が推奨されます。

オリジナルカラースペースを維持
Scene7 Publishing System への取り込み時点で、カラー変換を実行せずにオリジナルカラーを維持します。カラープロファイルが埋め込まれていない画像の場合、その画像へのリクエストを処理するために必要となるカラー変換はすべて、公開設定に指定された「初期設定のカラープロファイル」を使用して実行されます。初期設定のカラープロファイルは、このオプションを使用して作成されたファイル内のカラーと整合しない場合があります。そのため、「デフォルトの色保存」オプションを使用することをお勧めします。

カスタム アップロード元 > アップロード先:
「変換前 :」と「変換後 :」のカラースペースを選択するためのメニューが開きます。この詳細オプションは、ソースファイルに埋め込まれたカラー情報よりも優先されます。このオプションは、送信するすべての画像で、カラープロファイルデータが不正であるか消失している場合にのみ選択してください。

画像編集オプション
画像のクリッピングマスクの維持、およびカラープロファイルの選択を行うことができます。

詳しくは、アップロード時の画像編集オプションを参照してください。

PostScript オプション
PostScript® ファイルのラスタライズ、ファイルの切り抜き、透明な背景の維持、解像度の選択およびカラースペースの選択を行うことができます。

詳しくは、PostScript ファイルおよび Illustrator ファイルの操作を参照してください。

Photoshop オプション
Adobe® Photoshop® ファイルからのテンプレートの作成、レイヤーの維持、レイヤーの命名規則の指定、テキストの抽出およびテンプレートに画像をアンカーする方法の指定を行うことができます。

詳しくは、PSD アップロードオプションを参照してください。

PDF オプション
ファイルのラスタライズ、検索語およびリンクの抽出、eCatalog の自動生成、解像度の設定およびカラースペースの選択を行うことができます。

詳しくは、PDF アップロードオプションを参照してください。

Illustrator オプション
Adobe Illustrator® ファイルのラスタライズ、透明な背景の維持、解像度の選択およびカラースペースの選択を行うことができます。

詳しくは、PostScript ファイルおよび Illustrator ファイルの操作を参照してください。

eVideo オプション
ビデオプリセットを選択してビデオファイルをトランスコードすることができます。

詳しくは、ビデオエンコーディングプリセットの操作を参照してください。

追加メタデータ
アップロードするファイルを説明するキーワードを入力します。キーワードはカンマで区切ります。キーワードを使用すると、アセットを容易に検索できます。

詳しくは、詳細検索の実行を参照してください。

バッチセットプリセット
アップロードされたファイルから画像セット、多軸スピンセットまたはスウォッチセットを作成する場合は、使用するプリセットの「アクティブ」列をクリックします。複数のプリセットを選択できます。アプリケーション設定/バッチセットプリセットページでプリセットを作成します。

詳しくは、バッチセットプリセットを参照してください。