「画像を上書き」オプションの使用

Scene7 には、同じ名前のファイルは存在できません。各項目の Scene7 Publishing System ID(画像名からファイル名拡張子を取り除いた部分)を固有のものにする必要があります。この規則のため、アップロードダイアログボックスには「画像を上書き」オプションがあります。このオプションによる具体的な効果は、各社の Scene7 Publishing System 内部設定の設定値によって異なります。

以前に画像をアップロードしてから元のファイルを変更(または置換)した場合、選択する上書きのオプションによって、画像の置換方法が決まります。画像に関する情報は変わりませんが、古い画像は新しい画像に置き換わります。フォルダに、Scene7 にまだ存在しない画像も含まれている場合、これらの画像は追加されます。

アップロードした画像が何らかの形で変更された(画像が変更された)が、画像への参照が同じままの場合には、このオプションを使用します。Adobe® PDF をアップロードしてリッピングする場合にも、上書きは便利です。Scene7 で画像がリッピングされる方法を微調整するには、アップロードダイアログボックスで ICC カラープロファイルのオプションを調整し、上書き機能を使用して再びアップロードします。

運用サーバから画像にアクセスするのに使用する Scene7 ID は、画像ファイル名から得られます。既存ファイルの置換および画像へのアクセスに使用される Scene7 ID の両方に対して、ファイル名に使用される大文字と小文字には注意が必要です。Scene7 にアップロードする前に、ファイル名に使用される大文字と小文字が正しいことを確認して、同じ画像に対して、Scene7 ID の大文字と小文字だけが異なることがないようにしてください。

このオプションを選択しない場合、既存の画像と同じファイル名のすべての画像は、重複と見なされて追加されません。