アプリケーションアイコン

次の表は、各モバイルプラットフォームで使用されるアイコンのサイズを示しています。

アイコンのサイズ

プラットフォーム

29x29

iOS

36x36

Android

40 x 40

iOS

48x48

Android、iOS

50 x 50

iOS

57x57

iOS

58 x 58

iOS

60 x 60

iOS

72x72

Android、iOS

75 x 75

iOS

76 x 76

iOS

80 x 80

iOS

87 x 87

iOS

96x96

Android

100 x 100

iOS

114x114

iOS

120 x 120

iOS

144 x 144

Android、iOS

152 x 152

iOS

167 x 167

iOS

180 x 180

iOS

192 x 192

Android

512 x 512

Android、iOS

1024 x 1024

iOS

アプリケーション記述ファイルの icon エレメントで、アイコンファイルへのパスを指定します。

<icon> 
                        <image36x36>assets/icon36.png</image36x36> 
                        <image48x48>assets/icon48.png</image48x48> 
                        <image72x72>assets/icon72.png</image72x72> 
                        </icon> 

特定のサイズのアイコンを用意していない場合は、その次に大きなサイズが使用され、画面に合うようにサイズが調整されます。

Android におけるアイコン

Android では、アプリケーション記述子に指定されたアイコンは、アプリケーションランチャーアイコンとして使用されます。アプリケーションランチャーアイコンは、36 x 36 ピクセル、48 x 48 ピクセル、72 x 72 ピクセル、96 x 96 ピクセル、144 x 144 ピクセルおよび 192 x 192 ピクセルの PNG 画像のセットとして用意する必要があります。これらのアイコンのサイズは、それぞれ低密度、中密度および高密度の画面に使用されます。

開発者は、Google Play ストアへのアプリ提出時に、512 x 512 ピクセルのアイコンを提出する必要があります。

iOS のアイコン

iOS アプリケーションでは、次の場所でアプリケーション記述子に定義されたアイコンが使用されます。

  • 29 x 29 ピクセルのアイコン - このアイコンは、低解像度の iPhone および iPod でスポットライト検索アイコンとして、また低解像度の iPad で設定アイコンとして使用されます。

  • 40 x 40 ピクセルのアイコン - このアイコンは、低解像度の iPad でスポットライト検索アイコンとして使用されます。

  • 48 x 48 ピクセルのアイコン - AIR によってこの画像に境界線が追加され、低解像度の iPad でスポットライト検索用の 50 x 50 アイコンとして使用されます。

  • 50 x 50 ピクセルのアイコン - このアイコンは、低解像度の iPad でスポットライト検索アイコンとして使用されます。

  • 57 x 57 ピクセルのアイコン - このアイコンは、低解像度の iPhone および iPod でアプリケーションアイコンとして使用されます。

  • 58 x 58 ピクセルのアイコン - このアイコンは、Retina ディスプレイの iPhone および iPod でスポットライト検索アイコンとして、また Retina ディスプレイの iPad で設定アイコンとして使用されます。

  • 60 x 60 ピクセルのアイコン - このアイコンは、低解像度の iPhone および iPod でアプリケーションアイコンとして使用されます。

  • 72 x 72 ピクセルのアイコン(オプション) - このアイコンは、低解像度の iPad でアプリケーションアイコンとして使用されます。

  • 76 x 76 ピクセルのアイコン(オプション) - このアイコンは、低解像度の iPad でアプリケーションアイコンとして使用されます。

  • 80 x 80 ピクセルのアイコン - このアイコンは、高解像度の iPhone、iPod および iPad でスポットライト検索アイコンとして使用されます。

  • 100 x 100 ピクセルのアイコン - このアイコンは、Retina ディスプレイの iPad でスポットライト検索アイコンとして使用されます。

  • 114 x 114 ピクセルのアイコン - このアイコンは、Retina ディスプレイの iPhone および iPod でアプリケーションアイコンとして使用されます。

  • 114 x 114 ピクセルのアイコン - このアイコンは、Retina ディスプレイの iPhone および iPod でアプリケーションアイコンとして使用されます。

  • 120 x 120 ピクセルのアイコン - このアイコンは、高解像度の iPhone および iPod でアプリケーションアイコンとして使用されます。

  • 152 x 152 ピクセルのアイコン - このアイコンは、高解像度の iPad でアプリケーションアイコンとして使用されます。

  • 167 x 167 ピクセルのアイコン - このアイコンは、高解像度の iPad Pro でアプリケーションアイコンとして使用されます。

  • 512 x 512 ピクセルのアイコン - このアイコンは、低解像度の iPhone、iPod および iPad でアプリケーションアイコンとして使用されます。iTunes では、このアイコンが表示されます。512 ピクセルの PNG ファイルが使用されるのは、開発版のアプリケーションをテストする場合のみです。Apple App Store に最終版のアプリケーションを送信する場合、512 イメージは別途 JPG ファイルとして送信します。このイメージは IPA には含まれません。

  • 1024 x 1024 ピクセルのアイコン - このアイコンは、Retina ディスプレイの iPhone、iPod および iPad でアプリケーションアイコンとして使用されます。

アイコンのグレア効果は、iOS によって追加されます。ソースイメージに対して効果を適用する必要はありません。デフォルトのグレア効果を取り消すには、アプリケーション記述ファイルの InfoAdditions エレメントに以下を追加します。

<InfoAdditions> 
                                <![CDATA[ 
                                <key>UIPrerenderedIcon</key> 
                                <true/> 
                                ]]> 
                                </InfoAdditions> 
注意: iOS では、アドビが Apple iOS の App Store で提供されている AIR アプリケーションの数を追跡できるように、アプリケーションのメタデータが png メタデータとしてアプリケーションアイコンに挿入されます。このアイコンのメタデータによってアプリケーションが AIR アプリケーションとして識別されないようにする場合は、IPA ファイルのパッケージ化を解除し、アイコンのメタデータを削除して、再パッケージ化する必要があります。この手順については、Opt-out of AIR application analytics for iOS の記事で説明されています。

iOS 起動イメージ

アプリケーションアイコンに加えて、Default.png という名前の起動イメージを少なくとも 1 つ指定する必要があります。必要に応じて、アプリケーション開始時の向き、解像度(高解像度の Retina ディスプレイと 16:9 の縦横比を含む)およびデバイスのそれぞれに対応する個別の起動イメージを含めることができます。また、アプリケーションが URL 経由で呼び出されるときに使用される起動イメージを個別に含めることもできます。

起動イメージファイルはアプリケーション記述子では参照されず、ルートアプリケーションディレクトリに配置する必要があります(これらのファイルはサブディレクトリには配置しないでください)。

ファイル名スキーム

次のスキームに従って、イメージに名前を付けます。

basename + screen size modifier + urischeme + orientation + scale + device + .png

ファイル名の basename の部分のみが必須です。この部分は、「Default」(最初の文字は大文字 D)か、アプリケーション記述子の InfoAdditions エレメントの UILaunchImageFile キーを使用して指定した名前のいずれかです。

screen size modifier の部分では、画面サイズが標準のサイズではない場合に画面サイズを指定します。この修飾子は、iPhone 5 や iPod touch(第 5 世代)など、画面の縦横比が 16:9 の iPhone および iPod touch モデルにのみ適用されます。この修飾子でサポートされる値は -568h のみです。また、これらのデバイスは高解像度(Retina)ディスプレイをサポートするので、画面サイズの修飾子は常に @2x の修飾子を持つイメージと共に使用されます。これらのデバイスの完全なデフォルトの起動イメージ名は Default-568h@2x.png です。

urischeme 部分は、URI スキームの識別に使用する文字列です。この部分は、アプリケーションが 1 つ以上のカスタム URL スキームをサポートする場合にのみ適用されます。例えば、アプリケーションを example://foo などのリンク経由で呼び出すことができる場合、"example" を起動イメージファイル名のスキーム部として使用します。

orientation の部分は、アプリケーションの起動時にデバイスの向きによって使用する複数の起動イメージを指定する方法を提供します。この部分は iPad アプリケーションのイメージにのみ適用されます。この部分には、アプリケーション開始時のデバイスの向きを参照する次の値のいずれかを指定できます。

  • -Portrait

  • -PortraitUpsideDown

  • -Landscape

  • -LandscapeLeft

  • -LandscapeRight

scale 部分には、高解像度(Retina)ディスプレイで使用される起動イメージ用に @2x(iPhone 4、iPhone 5 および iPhone 6 の場合)または @3x(iPhone 6 Plus の場合)を指定します(標準解像度ディスプレイで使用されるイメージでは、scale 部をすべて省略してください)。iPhone 5 や iPod touch(第 5 世代)などのより高さのあるデバイスの起動イメージには、basename 部分の後、その他の部分の前に、画面サイズ修飾子 -528h も指定する必要があります。

device 部分は、携帯機器や携帯電話の起動イメージを指定するために使用されます。この部分は、アプリケーションが 1 つのバイナリで携帯機器とタブレットの両方をサポートするユニバーサルアプリである場合に使用します。~ipad または ~iphone のいずれかの値を(iPhone および iPod Touch の両方に)使用する必要があります。

iPhone の場合に含めることができるのは、縦横比が縦長のイメージだけです。ただし、iPhone 6 Plus の場合は、横長のイメージを追加することもできます。標準解像度のデバイスには 320 x 480 ピクセルのイメージ、高解像度デバイスには 640 x 960 ピクセルのイメージ、iPhone 5 や iPod touch(第 5 世代)などの縦横比 16:9 のデバイスには 640 x 1136 ピクセルのイメージを使用します。

iPad の場合は、次のようにイメージを含めます。

  • AIR 3.3 以前 - フルスクリーン以外のイメージ:縦横比が横長(標準解像度の場合 1024 x 748、高解像度の場合 2048 x 1496)および縦長(標準解像度の場合 768 x 1004、高解像度の場合 1536 x 2008)の両方のイメージを含めます。

  • AIR 3.4 以降 - フルスクリーンのイメージ:縦横比が横長(標準解像度の場合 1024 x 768、高解像度の場合 2048 x 1536)および縦長(標準解像度の場合 768 x 1024、高解像度の場合 1536 x 2048)の両方のイメージを含めます。フルスクリーン以外のアプリケーション用にフルスクリーンのイメージをパッケージ化すると、上部 20 ピクセル(高解像度の場合は上部 40 ピクセル)がステータスバーで隠されます。この領域には、重要な情報を表示しないでください。

次の表に、可能な限り広範囲におよぶデバイスと向きをサポートし、example:// スキームを使用して URL から起動される、仮想アプリケーションに含めることができる起動イメージの例を示します。

ファイル名

イメージのサイズ

使用方法

Default.png

320 x 480

iPhone(標準解像度)

Default@2x.png

640 x 960

iPhone(高解像度)

Default-568h@2x.png

640 x 1136

iPhone、高解像度、16:9 縦横比

Default-Portrait.png

768 x 1004(AIR 3.3 以前)

768 x 1024(AIR 3.4 以降)

iPad(縦長モードの向き)

Default-Portrait@2x.png

1536 x 2008(AIR 3.3 以前)

1536 x 2048(AIR 3.4 以降)

iPad(高解像度、縦長モードの向き)

Default-PortraitUpsideDown.png

768 x 1004(AIR 3.3 以降)768 x 1024(AIR 3.4 以降)

iPad(上下逆の縦長モードの向き)

Default-PortraitUpsideDown@2x.png

1536 x 2008(AIR 3.3 以降)1536 x 2048(AIR 3.4 以降)

iPad(高解像度、上下逆の縦長モードの向き)

Default-Landscape.png

1024 x 768

iPad(左向きの横長モードの向き)

Default-LandscapeLeft@2x.png

2048 x 1536

iPad(高解像度、左向きの横長モードの向き)

Default-LandscapeRight.png

1024 x 768

iPad(右向きの横長モードの向き)

Default-LandscapeRight@2x.png

2048 x 1536

iPad(高解像度、右向きの横長モードの向き)

Default-example.png

320 x 480

標準 iPhone で URL「example://」

Default-example@2x.png

640 x 960

高解像度 iPhone で URL「example://」

Default-example~ipad.png

768 x 1004

縦長モードの向きの iPad で URL「example://」

Default-example-Landscape.png

1024 x 768

横長モードの向きの iPad で URL「example://」

この例では、1 つの方法のみを説明しています。例えば、Default.png イメージを iPad に使用し、iPhone および iPod 用の特定の起動イメージを Default~iphone.png および Default@2x~iphone.png で指定できます。

参照項目

iOS Application Programming Guide: Application Launch Images

iOS デバイス用にパッケージ化する起動イメージ

デバイス

解像度(ピクセル)

起動イメージ名

方向

iPhone

iPhone 4(Retina 以外)

640 x 960

Default~iphone.png

縦長

iPhone 4、4s

640 x 960

Default@2x~iphone.png

縦長

iPhone 5、5c、5s

640 x 1136

Default-568h@2x~iphone.png

縦長

iPhone6、iPhone7

750 x 1334

Default-375w-667h@2x~iphone.png

縦長

iPhone6+、iPhone7+

1242 x 2208

Default-414w-736h@3x~iphone.png

縦長

iPhone6+、iPhone7+

2208 x 1242

Default-Landscape-414w-736h@3x~iphone.png

横長

iPad

iPad 1、2

768 x 1024

Default-Portrait~ipad.png

縦長

iPad 1、2

768 x 1024

Default-PortraitUpsideDown~ipad.png

上下逆の縦長

iPad 1、2

1024 x 768

Default-Landscape~ipad.png

左向きの横長

iPad 1、2

1024 x 768

Default-LandscapeRight~ipad.png

右向きの横長

iPad 3、Air

1536 x 2048

Default-Portrait@2x~ipad.png

縦長

iPad 3、Air

1536 x 2048

Default-PortraitUpsideDown@2x~ipad.png

上下逆の縦長

iPad 3、Air

2048 x 1536

Default-LandscapeLeft@2x~ipad.png

左向きの横長

iPad 3、Air

2048 x 1536

Default-LandscapeRight@2x~ipad.png

右向きの横長

iPad Pro

2048 x 2732

Default-Portrait@2x.png

縦長

iPad Pro

2732 x 2048

Default-Landscape@2x.png

横長

アートのガイドライン

サイズが正しければ、どのようなアートでも起動イメージとして作成できます。ただし、多くの場合には、アプリケーションの初期状態と同じイメージを使用することをお勧めします。このような起動イメージは、アプリケーションの起動画面のスクリーンショットを取得することで作成できます。

  1. iOS デバイスでアプリケーションを開きます。ユーザーインターフェイスの最初の画面が表示されたら、画面の下にあるホームボタンを長押しします。ホームボタンを押したまま、電源 / スリープボタン(iPhone デバイスの上部)を押します。これでスクリーンショットが撮影され、カメラロールに送信されます。

  2. iPhoto またはその他の写真転送アプリケーションから、このスクリーンショットイメージを開発コンピューターに転送します。

アプリケーションが複数の言語にローカライズされる場合は、起動イメージにテキストを含めないでください。起動イメージは静的であり、テキストが他の言語に適合しません。

参照項目

iOS Human Interface Guidelines:Launch images