AIR アプリケーション記述ファイル

すべての AIR アプリケーションにはアプリケーション記述ファイルが必要です。アプリケーション記述ファイルは、アプリケーションの基本プロパティを定義する XML ドキュメントです。

AIR をサポートする多くの開発環境では、プロジェクトを作成するとアプリケーション記述子が自動的に生成されます。生成されない場合は、記述子ファイルを手動で作成する必要があります。AIR SDK および Flex SDK の samples ディレクトリには、サンプルの記述子ファイル descriptor-sample.xml が用意されています。

アプリケーション記述ファイルには任意の名前を付けることができます。アプリケーションをパッケージ化すると、アプリケーション記述ファイルは application.xml という名前に変更されて、AIR パッケージ内の特別なディレクトリに格納されます。

アプリケーション記述子の例

次のアプリケーション記述ドキュメントでは、ほとんどの AIR アプリケーションで使用される基本的なプロパティが設定されます。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?> 
<application xmlns="http://ns.adobe.com/air/application/3.0"> 
    <id>example.HelloWorld</id> 
    <versionNumber>1.0.1</versionNumber> 
    <filename>Hello World</filename> 
    <name>Example Co. AIR Hello World</name> 
     <description> 
        <text xml:lang="en">This is an example.</text> 
        <text xml:lang="fr">C'est un exemple.</text> 
        <text xml:lang="es">Esto es un ejemplo.</text> 
    </description> 
    <copyright>Copyright (c) 2010 Example Co.</copyright> 
    <initialWindow> 
        <title>Hello World</title> 
        <content> 
            HelloWorld.swf 
        </content> 
    </initialWindow>  
    <icon> 
        <image16x16>icons/smallIcon.png</image16x16> 
        <image32x32>icons/mediumIcon.png</image32x32> 
        <image48x48>icons/bigIcon.png</image48x48> 
        <image128x128>icons/biggerIcon.png</image128x128>  
    </icon> 
</application>

SWF ファイルではなく HTML ファイルをアプリケーションのルートコンテンツとして使用する場合は、<content> エレメントのみが次のように異なります。

<content> 
    HelloWorld.html 
</content>