デスクトップコンピューター向けの AIR パッケージの配布

AIR アプリケーションは AIR パッケージとして配布できます。このパッケージには、アプリケーションコードとすべてのアセットが含まれています。ダウンロード、電子メール、または CD-ROM のような物理メディアなど、一般的な方法を使用して、このパッケージを配布できます。アプリケーションをインストールするには、AIR ファイルをダブルクリックします。AIR ブラウザー API(Web ベースの ActionScript ライブラリ)を使用すると、Web ページのリンクを 1 度クリックして AIR アプリケーションをインストールできます(必要に応じて Adobe® AIR® もインストールできます)。

AIR アプリケーションは、ネイティブインストーラー(つまり、Windowsでは EXE ファイル、Mac では DMG ファイル、Linux では DEB または RPM ファイル)としてパッケージ化および配布できます。ネイティブインストールパッケージは、関連するプラットフォームの規定に従って、配布およびインストールできます。アプリケーションをネイティブパッケージとして配布する場合、AIR ファイルフォーマットの利点のいくつかが失われます。つまり、ほとんどのプラットフォームでは単一のインストールファイルを使用できなくなり、AIR アップデートフレームワークやブラウザー API も使用できなくなります。

デスクトップでの AIR アプリケーションのインストールと実行

AIR ファイルは、受信者に送信するだけです。例えば、AIR ファイルを電子メールの添付ファイルまたは Web ページのリンクとして送信できます。

AIR アプリケーションをダウンロードしたら、次の手順に従ってインストールします。

  1. AIR ファイルをダブルクリックします。

    Adobe AIR がコンピューターに既にインストールされている必要があります。

  2. インストールウィンドウで、デフォルトの設定を選択した状態のまま、「続行」をクリックします。

    Windows では、AIR が次の動作を自動的に行います。

    • Program Files ディレクトリにアプリケーションをインストールします。

    • アプリケーションのデスクトップショートカットを作成します。

    • スタートメニューショートカットを作成します。

    • 「プログラムの追加と削除」コントロールパネルにアプリケーションのエントリを追加します。

    Mac OS では、デフォルトでアプリケーションが Applications ディレクトリに追加されます。

    アプリケーションが既にインストールされている場合、インストーラーによって、アプリケーションの既存のバージョンを開くか、ダウンロードした AIR ファイルのバージョンにアップデートするかの選択肢が示されます。インストーラーでは、AIR ファイルのアプリケーション ID と発行者 ID を使用してアプリケーションを識別します。

  3. インストールが完了したら、「完了」をクリックします。

Mac OS でアプリケーションのアップデートバージョンをインストールするには、アプリケーションディレクトリにインストールするための適切なシステム権限が必要です。Windows および Linux では、管理権限が必要です。

アプリケーションは、ActionScript または JavaScript を介して新しいバージョンをインストールすることもできます。詳しくは、AIR アプリケーションのアップデートを参照してください。

AIR アプリケーションがインストールされたら、他のデスクトップアプリケーションと同様に、アプリケーションアイコンをダブルクリックするだけで実行できます。

  • Windows では、アプリケーションのアイコン(デスクトップまたはフォルダーのいずれかにインストールされます)をダブルクリックするか、スタートメニューからアプリケーションを選択します。

  • Linux では、アプリケーションのアイコン(デスクトップまたはフォルダーのいずれかにインストールされます)をダブルクリックするか、アプリケーションメニューからアプリケーションを選択します。

  • Mac OS では、インストール先のフォルダーでアプリケーションをダブルクリックします。デフォルトのインストールディレクトリは、/アプリケーションディレクトリです。

注意: AIR 2.6 以前用に開発された AIR アプリケーションのみ Linux 上にインストールできます。

AIR シームレスインストール機能を使用すると、ユーザーは Web ページのリンクをクリックすることで AIR アプリケーションをインストールできます。AIR ブラウザー呼び出し機能では、Web ページのリンクをクリックすることでインストール済みの AIR アプリケーションを実行できます。これらの機能については、次の節で説明します。

Web ページからのデスクトップ AIR アプリケーションのインストールと実行

AIR ブラウザー API を使用すると、Web ページから AIR アプリケーションをインストールおよび実行できます。AIR ブラウザー API は、アドビが管理する SWF ライブラリの air.swf で提供されます。AIR SDK にはサンプルの「バッジ」アプリケーションが含まれており、このライブラリを使用して AIR アプリケーション(必要に応じてランタイムも)をインストール、更新、および起動します。付属するサンプルバッジを変更するか、オンラインの air.swf ライブラリを直接使用する独自のバッジ Web アプリケーションを作成できます。

AIR アプリケーションは、Web ページのバッジを使用してインストールできます。ただし、Web のバッジで起動できるのは、アプリケーション記述ファイルに <allowBrowserInvocation>true</allowBrowserInvocation> エレメントを含むアプリケーションのみです。

企業でのデスクトップコンピューターへのデプロイ

IT 管理者は、標準のデスクトップデプロイツールを使用して Adobe AIR ランタイムと AIR アプリケーションのサイレントインストールを行うことができます。IT 管理者は次のことができます。

  • Microsoft SMS、IBM Tivoli またはブートストラッパーを使用したサイレントインストールが可能なデプロイツールによる Adobe AIR ランタイムのサイレントインストール

  • ランタイムのデプロイに使用したツールと同じツールによる AIR アプリケーションのサイレントインストール

詳しくは、『Adobe AIR 管理ガイド』(http://www.adobe.com/go/learn_air_admin_guide_jp)を参照してください。

デスクトップコンピューターのインストールログ

インストールログは、AIR ランタイム自体または AIR アプリケーションのインストール時に記録されます。ログファイルの内容は、インストールまたは更新の際に発生した問題の原因を突き止めるのに役立ちます。

ログファイルは次の場所に作成されます。

  • Mac:標準のシステムログ(/private/var/log/system.log

    Mac システムログを表示するには、コンソールアプリケーションを開きます(通常、ユーティリティフォルダーにあります)。

  • Windows XP:C:¥Documents and Settings¥<username>¥Local Settings¥Application Data¥Adobe¥AIR¥logs¥Install.log

  • Windows Vista、Windows 7:C:¥Users¥<username>¥AppData¥Local¥Adobe¥AIR¥logs¥Install.log

  • Linux:/home/<username>/.appdata/Adobe/AIR/Logs/Install.log

注意: これらのログファイルは、AIR 2 より前のバージョンの AIR では作成されませんでした。