開発環境の設定

モバイルプラットフォームの場合は、通常の AIR、Flex および Flash 開発環境の設定に加えて追加の設定が必要です(基本の AIR 開発環境の設定について詳しくは、AIR 開発用の Adobe Flash Platform ツールを参照してください)。

Android 用の設定

通常、AIR 2.6 以降では、Android 用に特別な設定は必要ありません。AIR SDK には、Android ADB ツールが含まれています(lib/android/bin フォルダー)。AIR SDK では ADB ツールを使用して、デバイス上でのアプリケーションパッケージのインストール、アンインストール、および実行を行います。また、ADB を使用してシステムログを表示することもできます。Android エミュレーターを作成し実行するには、個別の Android SDK をダウンロードする必要があります。

アプリケーション記述子内の <manifestAdditions> エレメントにアプリケーションが追加するエレメントが、現在のバージョンの AIR で有効と認識されない場合は、新しいバージョンの Android SDK をインストールする必要があります。SDK のファイルパスに、AIR_ANDROID_SDK_HOME 環境変数または -platformsdk コマンドラインパラメーターを設定します。AIR パッケージングツールである ADT では、この SDK を使用して <manifestAdditions> エレメント内のエントリを検証します。

AIR 2.5 では、Google から個別の Android SDK のコピーをダウンロードする必要があります。Android SDK フォルダーを参照するよう、AIR_ANDROID_SDK_HOME 環境変数を設定できます。この環境変数を設定しない場合は、ADT コマンドラインの -platformsdk 引数で、Android SDK へのパスを指定する必要があります。

iOS 用の設定

デバイス上で iOS アプリケーションをインストールしテストして、そのアプリケーションを配布するには、有料サービスである Apple iOS Developer Program に登録する必要があります。iOS Developer Program への登録後は、iOS Provisioning Portal にアクセスし、このポータルで Apple から次のアイテムやファイルを取得できます。これらは、デバイス上にアプリケーションをインストールして、テストやその後の配布を実行するために必要となるものです。これらのアイテムおよびファイルには次のものがあります。

  • 開発用証明書および配布用証明書

  • アプリケーション ID

  • 開発用プロビジョニングファイルおよび配布用プロビジョニングファイル