アルファブレンディング

可能な場合は、アルファプロパティの使用を避けます。

alpha プロパティを使用するときは、アルファブレンディングを必要とする効果(フェード効果など)の使用を避けます。表示オブジェクトがアルファブレンディングを使用している場合、ランタイムは積み重ねられた表示オブジェクトのカラー値と背景色を組み合わせて、最終的なカラーを決定する必要があります。したがって、アルファブレンディングは不透明なカラーの描画よりも CPU に負荷がかかる可能性があります。こうした余分の計算によって、低速デバイスではパフォーマンスに影響する可能性があります。可能な場合は、alpha プロパティの使用を避けます。