アプリケーションのアイコンアートと起動画面アートの作成

すべての iPhone アプリケーションには、iTunes アプリケーションと iPhone 画面のユーザーインターフェイスに表示されるアイコンがあります。

  1. プロジェクトディレクトリ内にディレクトリを作成して、icons という名前を付けます。

  2. icons ディレクトリに PNG ファイルを 3 つ作成します。それぞれに Icon29.png、Icon57.png、Icon512.png という名前を付けます。

  3. PNG ファイルを編集して、アプリケーションに適したアートを作成します。ファイルは 29 x 29 ピクセル、57 x 57 ピクセル、512 x 512 ピクセルである必要があります。このテストでは、アートとしてべた塗りの正方形を使用します

すべての iPhone アプリケーションで、アプリケーションが iPhone にロードされる間、起動画面イメージが表示されます。起動画面イメージは PNG ファイルで定義します。

  1. メインの開発ディレクトリに、Default.png という名前の PNG ファイルを作成します(このファイルは icons サブディレクトリに入れないでください。必ず、大文字の D を使用した Default.png という名前を付けてください)。

  2. 幅 320 ピクセル、高さ 480 ピクセルになるようにファイルを編集します。ここでは、コンテンツは単純な白の長方形にしておきます(これは後から変更します)。

注意: Apple App Store にアプリケーションを送信するときは、PNG 形式ではなく JPG 形式の 512 ピクセルファイルを使用します。PNG 形式のファイルは、開発版のアプリケーションをテストするときに使用します。

これらのグラフィックについて詳しくは、iPhone のアイコンと起動画面イメージを参照してください。