描画 API の基礎

Flash Player 9 以降、Adobe AIR 1.0 以降

描画 API は、ActionScript に組み込まれた機能の名前です。この機能を使用すると、線、曲線、シェイプ、塗り、グラデーションなどのベクターグラフィックを作成し、ActionScript でそれらを画面上に表示できます。flash.display.Graphics クラスがこの機能を提供します。 Shape、Sprite、または MovieClip の各クラスに定義された graphics プロパティで、任意の Shape、Sprite、または MovieClip インスタンスに対して ActionScript を使用して描画できます。各クラスの graphics プロパティは、実際は Graphics クラスのインスタンスです。

コードを使用した描画に不慣れな場合、Graphics クラスには、円、楕円、矩形、および角の丸い矩形などの一般的なシェイプを簡単に描画するためのいくつかのメソッドがあります。それらは表示されない線としても、塗りつぶされたシェイプとしても描画できます。 より高度な機能が必要な場合は、Graphics クラスには線および二次ベジェ曲線を描画するためのメソッドもあり、Math クラスの三角関数と組み合わせて、任意のシェイプを作成できます。

Flash ランタイム(Flash Player 10 および Adobe AIR 1.5 以降など)では、プログラムから 1 つのコマンドでシェイプ全体を描画できる描画用 API が追加されています。「描画 API の使用の基礎」で説明されている Graphics クラスおよびタスクについて理解したなら、描画 API の高度な使用に進み、これらの描画 API の機能についてさらに学習してください。

重要な概念と用語

次の参照リストに、API の描画で使われる重要な用語を示します。

アンカーポイント
二次ベジェ曲線の 2 つの端点の 1 つ。

コントロールポイント
二次ベジェ曲線の方向と量を定義するポイント。曲線はコントロールポイントを通りません。コントロールポイントに引き付けられているような曲線が描画されます。

座標空間
表示オブジェクトに含まれる座標グラフで、子エレメントがここに配置されます。

塗り
色で塗りつぶされた輪郭のあるシェイプの内側の単色の部分、または輪郭のないシェイプ全体。

グラデーション
ある色から別の 1 つ以上の色への段階的な変化を含む色(単色とは対照的な概念)。

ポイント
座標空間内の 1 つの場所。ActionScript で使用する 2 次元座標系では、ポイントは x 軸と y 軸における場所(ポイントの座標)によって定義されます。

二次ベジェ曲線
特定の数式で定義される一種の曲線。この種の曲線のシェイプは、アンカーポイント(曲線の端点)の位置と、曲線の量と方向を定義するコントロールポイントの位置を基づいて計算されます。

拡大/縮小
オブジェクトの元のサイズを基準とするサイズです。拡大/縮小とは、オブジェクトを伸縮させてサイズを変更することを意味します。

境界線
シェイプの輪郭の、色で塗りつぶされた線の部分。または塗りのないシェイプの輪郭。

平行移動
ポイント座標を 1 つの座標空間から他の座標空間に変更すること。

X 軸
ActionScript で使用する 2 次元座標系の水平軸。

Y 軸
ActionScript で使用する 2 次元座標系の垂直軸。