HTML 環境について

Adobe AIR 1.0 およびそれ以降

Adobe®AIR® では、Safari Web ブラウザーでも使用される WebKit(www.webkit.org)を使用して、HTML および JavaScript のコンテンツの解析、配置およびレンダリングを行います。HTML コンテンツでの AIR API の使用はオプションです。HTMLLoader オブジェクトまたは HTML ウィンドウのコンテンツ全体で、HTML および JavaScript を使用してプログラミングできます。既存の HTML ページおよびアプリケーションの多くは、ほとんど変更することなく実行できます(WebKit との互換性がある HTML、CSS、DOM および JavaScript の機能を使用している場合)。

重要:Adobe AIR ランタイムの新しいバージョンには、WebKit の更新されたバージョンが含まれている場合があります。新しいバージョンの AIR に含まれる WebKit の更新により、デプロイされた AIR アプリケーションに予期しない変更が生じる可能性があります。そのような変更は、アプリケーションの HTML コンテンツの動作や外観に影響を与える場合があります。例えば、WebKit のレンダリングの改善または修正によって、アプリケーションのユーザーインターフェイスの要素のレイアウトが変化する場合があります。そのため、アプリケーションには更新メカニズムを用意することを強くお勧めします。AIR に含まれる WebKit のバージョンに加えられた変更により、アプリケーションを更新する必要がある場合は、AIR の更新メカニズムによって、アプリケーションの新しいバージョンをインストールするかどうかを確認するメッセージが表示されます。

次の表に、AIR で使用されている WebKit と同等のバージョンを使用する Safari Web ブラウザーのバージョンを示します。

AIR バージョン

Safari バージョン

1.0

2.04

1.1

3.04

1.5

4.0 Beta

2.0

4.03

2.5

4.03

2.6

4.03

2.7

4.03

3

5.0.3

インストールされている WebKit のバージョンは、HTMLLoader オブジェクトによって返されるデフォルトのユーザーエージェント文字列を調べることにより、いつでも確認できます。

var htmlLoader:HTMLLoader = new HTMLLoader(); 
trace( htmlLoader.userAgent );

AIR で使用されている WebKit のバージョンは、オープンソースバージョンと同じであるとは限りません。一部の機能は AIR でサポートされていません。また、AIR バージョンには、対応する WebKit バージョンではまだ利用できないセキュリティ修正やバグ修正が含まれていることがあります。AIR でサポートされていない WebKit の機能を参照してください。

AIR アプリケーションはファイルシステムへのフルアクセスを使用してデスクトップで直接実行されるので、HTML コンテンツのセキュリティモデルは、一般的な Web ブラウザーのセキュリティモデルより厳格です。AIR では、アプリケーションのインストールディレクトリから読み込まれたコンテンツのみ、アプリケーションサンドボックスに配置されます。アプリケーションサンドボックスには最高レベルの権限が設定されており、このサンドボックスから AIR API にアクセスできます。AIR では、その他のコンテンツは、そのコンテンツの生成元に基づいて個別のサンドボックスに配置されます。ファイルシステムから読み込まれたファイルは、ローカルサンドボックスに含められます。http: プロトコルまたは https: プロトコルを使用してネットワークから読み込まれたファイルは、リモートサーバーのドメインに基づいてサンドボックスに含められます。これらの非アプリケーションサンドボックス内のコンテンツは、AIR API へのアクセスが禁止され、一般的な Web ブラウザーでの場合とほぼ同様に実行されます。

AIR の HTML コンテンツでは、アルファ、拡大/縮小または透明度の設定が適用されている場合、SWF コンテンツや PDF コンテンツは表示されません。詳しくは、HTML ページに SWF コンテンツまたは PDF コンテンツを読み込む場合の考慮事項およびウィンドウの透明度を参照してください。