FileStream オブジェクトの初期化とファイルのオープンおよびクローズ

Adobe AIR 1.0 およびそれ以降

FileStream オブジェクトを開くとき、そのオブジェクトでファイルに対するデータの読み取りおよび書き込みができるように設定します。FileStream オブジェクトを開くには、File オブジェクトを FileStream オブジェクトの open() メソッドまたは openAsync() メソッドに渡します。

var myFile:File = File.documentsDirectory.resolvePath("AIR Test/test.txt"); 
var myFileStream:FileStream = new FileStream(); 
myFileStream.open(myFile, FileMode.READ); 

fileMode パラメーター(open() メソッドおよび openAsync() メソッドの 2 番目のパラメーター)で、ファイルを開くモード(読み取り、書き込み、追加または更新)を指定します。詳しくは、前の節のFileStream を開く際のモードを参照してください。

openAsync() メソッドを使用して非同期のファイル操作用にファイルを開く場合は、非同期イベントを処理するイベントリスナーを設定します。

var myFile:File = File.documentsDirectory.resolvePath("AIR Test/test.txt"); 
var myFileStream:FileStream = new FileStream(); 
myFileStream.addEventListener(Event.COMPLETE, completeHandler); 
myFileStream.addEventListener(ProgressEvent.PROGRESS, progressHandler); 
myFileStream.addEventListener(IOErrorEvent.IO_Error, errorHandler); 
myFileStream.openAsync(myFile, FileMode.READ); 
 
function completeHandler(event:Event):void { 
    // ... 
} 
 
function progressHandler(event:ProgressEvent):void { 
    // ... 
} 
 
function errorHandler(event:IOErrorEvent):void { 
    // ... 
} 

ファイルは、同期操作用または非同期操作用のいずれかで開かれます。どちらで開かれるかは、open() メソッドと openAsync() メソッドのどちらを使用したかによって決まります。詳しくは、AIR ファイルの基礎を参照してください。

FileStream オブジェクトの open() メソッドで fileMode パラメーターを FileMode.READ または FileMode.UPDATE に設定した場合、FileStream オブジェクトを開くとすぐにデータが読み取りバッファーに読み取られます。詳しくは、読み取りバッファーと FileStream オブジェクトの bytesAvailable プロパティを参照してください。

関連付けられたファイルを閉じるには、FileStream オブジェクトの close() メソッドを呼び出します。これにより、そのファイルが他のアプリケーションで使用できるようになります。