スレッドとネイティブ拡張

Java 実装をコーディングするときは、次の点を考慮する必要があります。
  • ランタイムは、異なる複数のスレッドで、単独の拡張コンテキストの FREFunction 関数を並行して呼び出すことができます。

  • ランタイムは、異なる複数のスレッドで、異なる複数の拡張コンテキストの FREFunction 関数を並行して呼び出すことができます。

したがって、Java 実装は適切にコーディングする必要があります。例えば、グローバルデータを使用する場合は何らかのロック機能を使用して保護します。

注意: Java 実装では異なるスレッドを作成することもできます。その場合は、FREObject の有効性で説明している制限を考慮してください。