ネイティブ拡張の署名済み証明書の作成

ネイティブ拡張に電子署名することができます。拡張への署名はオプションです。

承認された証明機関(CA)が発行した証明書を使用してネイティブ拡張に電子署名すると、AIR アプリケーション開発者に対して、次のことが確実に保証されます。

  • アプリケーションと共にパッケージ化しようとしているネイティブ拡張が、誤って、または悪意によって改ざんされていないこと。

  • 作成者自身がネイティブ拡張の署名者(発行者)であること。

注意: AIR アプリケーションがパッケージ化されると、ネイティブ拡張の証明書(提供されている場合)ではなく、AIR アプリケーションの証明書がアプリケーションのユーザーに表示されます。

証明書は認証期間から入手してください。ネイティブ拡張の電子署名済み証明書を作成することは、AIR アプリケーションの証明書を作成することと同じです。『Adobe® AIR® アプリケーションの構築』の「AIR アプリケーションへの署名」を参照してください。