モバイルデバイスへの AIR と AIR アプリケーションのインストール

アプリケーションのエンドユーザーは、デバイス向けの通常のアプリケーションメカニズムと配布メカニズムを使用して、AIR ランタイムと AIR アプリケーションをインストールできます。

例えば、Android の場合、ユーザーは Android Market からアプリケーションをインストールできます。または、アプリケーション設定で、不明なソースからアプリケーションをインストールすることが許可されている場合、Web ページのリンクをクリックしてアプリケーションをインストールしたり、アプリケーションパッケージをデバイスにコピーして開いたりできます。Android アプリケーションをインストールしようとしたが、AIR ランタイムがまだインストールされていない場合、ユーザーは、ランタイムをインストールできる Market へ自動的に移動されます。

iOS では、エンドユーザーへのアプリケーションの配布方法は 2 種類あります。主要な配布チャンネルは Apple App Store です。また、アドホック配布によって、App Store 経由でなくとも、限られた数のユーザーがアプリケーションをインストールできます。

開発を目的とした AIR ランタイムとアプリケーションのインストール

モバイルデバイス上の AIR アプリケーションはネイティブパッケージとしてインストールされるので、テスト用アプリケーションのインストールに通常のプラットフォーム機能を使用できます。サポートされている場合は、ADT コマンドを使用して、AIR ランタイムと AIR アプリケーションをインストールできます。現在、この方法は Android でサポートされています。

iOS では、iTunes を使用してテスト用アプリケーションをインストールできます。テストアプリケーションは、アプリケーション開発専用に発行された Apple コードサイニング証明書によって署名し、開発用プロビジョニングプロファイルを使用してパッケージ化する必要があります。AIR アプリケーションは、iOS 上では自己完結型パッケージです。単独のランタイムは使用されません。

ADT を使用した AIR アプリケーションのインストール

AIR アプリケーションを開発するときは、ADT を使用して、ランタイムとアプリケーションの両方のインストールとアンインストールを実行できます(IDE では、ADT を実行しなくても済むように、これらのコマンドを統合できる場合があります)。

AIR ADT ユーティリティを使用して、デバイスまたはエミュレーターに AIR ランタイムをインストールできます。デバイス用に提供される SDK をインストールする必要があります。次のように、-installRuntime コマンドを使用します。

adt -installRuntime -platform android -device deviceID -package path-to-runtime 

-package パラメーターを指定しない場合、インストールされている AIR SDK で使用できるランタイムパッケージから、デバイスまたはエミュレーターに適切なランタイムパッケージが選択されます。

Android または iOS(AIR 3.4 以降)上に AIR アプリケーションをインストールするには、類似する -installApp コマンドを使用します。

adt -installApp -platform android -device deviceID -package path-to-app

-platform 引数に設定される値は、インストール先のデバイスと一致する必要があります。

注意: AIR ランタイムまたは AIR アプリケーションを再インストールする前に、既存のバージョンを削除する必要があります。

iTunes を使用した iOS デバイスへの AIR アプリケーションのインストール

テストのために、iOS デバイスに AIR アプリケーションをインストールするには:

  1. iTunes アプリケーションを開きます。

  2. このアプリケーションのプロビジョニングプロファイルを iTunes にまだ追加していない場合は、追加します。iTunes で、ファイル/ライブラリに追加を選択します。次に、ファイルタイプ mobileprovision のプロビジョニングプロファイルを選択します。

  3. 一部のバージョンの iTunes では、同じバージョンのアプリケーションが既にインストールされている場合、アプリケーションは置き換えられません。この場合は、デバイスおよび iTunes のアプリケーションリストから、該当するアプリケーションを削除します。

  4. アプリケーションの IPA ファイルをダブルクリックします。このファイルが iTunes のアプリケーションのリストに表示されます。

  5. コンピューターの USB ポートにデバイスを接続します。

  6. iTunes で、このデバイスの「アプリケーション」タブを確認し、インストールするアプリケーションのリストで該当するアプリケーションが選択されていることを確認します。

  7. iTunes アプリケーションの左側のリストでデバイスを選択します。「同期」ボタンをクリックします。同期が完了すると、Hello World アプリケーションが iPhone に表示されます。

新しいバージョンがインストールされない場合は、デバイスおよび iTunes のアプリケーションリストからアプリケーションを削除し、この手順を再度実行します。現在インストールされているアプリケーションで、インストールしようとしているアプリケーションと同じアプリケーション ID とバージョンが使用されている場合に、この問題が発生することがあります。

デバイス上の AIR アプリケーションの実行

デバイスユーザーインターフェイスを使用して、インストールした AIR アプリケーションを起動できます。サポートされている場合は、AIR ADT ユーティリティを使用して、アプリケーションをリモートで起動することもできます。

adt -launchApp -platform android -device deviceID -appid applicationID

-appid 引数の値は、起動する AIR アプリケーションのアプリケーション ID にする必要があります。AIR アプリケーション記述子に指定した値を使用します(パッケージ化により追加された air. 接頭辞は除きます)。

接続され動作しているデバイスまたはエミュレーターが 1 つだけの場合、-device フラグを省略できます。-platform 引数に設定される値は、インストール先のデバイスと一致する必要があります。現在サポートされている値は android だけです。

AIR ランタイムとアプリケーションの削除

デバイスのオペレーティングシステムに用意された通常の方法を使用して、アプリケーションを削除できます。サポートされている場合は、AIR ADT ユーティリティを使用して、AIR ランタイムと AIR アプリケーションを削除できます。ランタイムを削除するには、-uninstallRuntime コマンドを使用します。

adt -uninstallRuntime -platform android -device deviceID

アプリケーションをアンインストールするには、-uninstallApp コマンドを使用します。

adt -uninstallApp -platform android -device deviceID -appid applicationID

接続され動作しているデバイスまたはエミュレーターが 1 つだけの場合、-device フラグを省略できます。-platform 引数に設定される値は、インストール先のデバイスと一致する必要があります。現在サポートされている値は android だけです。

エミュレーターの設定

デバイスエミュレーター上の AIR アプリケーションを実行するには、通常、デバイス用の SDK を使用して、開発コンピューター上でエミュレーターインスタンスを作成し実行する必要があります。その後で、エミュレーターに AIR ランタイムと AIR アプリケーションのエミュレーターバージョンをインストールできます。通常、エミュレーター上のアプリケーションは、実際のデバイス上よりも実行速度が遅くなります。

Android エミュレーターの作成

  1. Android SDK and AVD Manager アプリケーションを起動します。

    • Windows の場合、Android SDK ディレクトリのルートで SDK Setup.exe ファイルを実行します。

    • Mac OS の場合、Android SDK ディレクトリの tools サブディレクトリで Android アプリケーションを実行します。

  2. 「Settings」オプションを選択し、「Force https://」オプションを選択します。

  3. 「Available Packages」オプションを選択します。使用可能な Android SDK の一覧が表示されます。

  4. 互換性のある Android SDK(Android 2.3 以降)を選択し、「Install Selected」ボタンをクリックします。

  5. 「Virtual Devices」オプションを選択し、「New」ボタンをクリックします。

  6. 次の設定を行います。

    • 仮想デバイスの名前

    • ターゲット API(Android 2.3、API レベル 8 など)

    • SD カードのサイズ(1024 など)

    • スキン(デフォルト HVGA など)

  7. 「Create AVD」ボタンをクリックします。

仮想デバイスの作成は、システム構成によっては時間がかかる場合があります。

これで、新しい仮想デバイスを起動できます。

  1. AVD Manager アプリケーションで、「Virtual Device」を選択します。上で作成した仮想デバイスが表示されます。

  2. 仮想デバイスを選択して、「Start」ボタンをクリックします。

  3. 次の画面で「Launch」ボタンをクリックします。

デスクトップにエミュレーターウィンドウが開くのを確認します。これには数秒かかります。また、Android オペレーティングシステムを初期化するのにある程度の時間がかかります。apk-debug および apk-emulator を使用して、アプリケーションパッケージをエミュレーターにインストールできます。apk ターゲットでパッケージ化したアプリケーションはエミュレーター上で機能しません。