Adobe AIR について

Adobe® AIR® は複数のオペレーティングシステム対応のマルチスクリーンランタイムです。これを使用すると、既に持っている Web 開発スキルを利用して、リッチインターネットアプリケーション(RIA)を作成してデスクトップやモバイルデバイスにデプロイできます。ActionScript 3.0 で Adobe® Flex および Adobe® Flash® を使用して、デスクトップ、テレビおよびモバイル AIR アプリケーションを構築できます(SWF ベース)。デスクトップ AIR アプリケーションは、HTML、JavaScript® および Ajax でも作成できます(HTML ベース)。

Adobe AIR の基礎知識と使用方法について詳しくは、Adobe AIR Developer Connection(http://www.adobe.com/jp/devnet/air/)を参照してください。

AIR を使用すると、使い慣れた環境で作業でき、自分にとって最も使用しやすいツールや方法を利用できます。さらに、Flash、Flex、HTML、JavaScript および Ajax をサポートすることにより、ニーズに合った最高の操作性を実現します。

例えば、次のようなテクノロジを使用してアプリケーションを開発できます。これらのテクノロジを組み合わせて開発することもできます。

  • Flash/Flex/ActionScript

  • HTML/JavaScript/CSS/Ajax

AIR アプリケーションはネイティブのアプリケーションと同じように操作できます。ランタイムをユーザーのコンピューターまたはデバイスに一度インストールしておくと、AIR アプリケーションが他のデスクトップアプリケーションと同じようにインストールされ、実行されます(iOS では、AIR ランタイムは個別にインストールされません。各 iOS AIR アプリケーションはスタンドアロンのアプリケーションとなります)。

ランタイムにより、アプリケーションをデプロイするための一貫性のあるクロスオペレーティングシステム対応のプラットフォームおよびフレームワークが提供されます。これにより、デスクトップ間の機能および操作の一貫性が確保され、クロスブラウザーテストが不要になります。開発のターゲットを特定のオペレーティングシステムではなくランタイムにすることで、次のようなメリットがあります。

  • AIR 用に開発されたアプリケーションは、追加の作業なしで、複数のオペレーティングシステム間で実行されます。ランタイムにより、AIR でサポートされているすべてのオペレーティングシステム間で、一貫性のある想定したとおりのプレゼンテーションと操作が実現します。

  • 既存の Web テクノロジやデザインパターンを利用できるので、アプリケーションをより早く作成できます。従来のデスクトップ開発テクノロジーや複雑なネイティブコードを習得することなく、Web ベースのアプリケーションをデスクトップに拡張できます。

  • アプリケーションの開発は、C や C++ などの下位の言語を使用するよりも簡単です。各オペレーティングシステム固有の複雑な下位 API を管理する必要もありません。

AIR 用のアプリケーションの開発では、豊富なフレームワークと API のセットを利用できます。

  • ランタイムで提供される AIR 固有の API と AIR フレームワーク

  • SWF ファイルで使用される ActionScript API と Flex フレームワーク(およびその他の ActionScript ベースのライブラリとフレームワーク)

  • HTML、CSS および JavaScript

  • 大部分の Ajax フレームワーク

  • Adobe AIR 用のネイティブ拡張には ActionScript API が備えられており、ネイティブコードでプログラムされているプラットフォーム固有の機能にアクセスできます。ネイティブ拡張を使用すると、古いネイティブコードや、よりパフォーマンスの高いネイティブコードにもアクセスできます。

AIR はアプリケーションの作成、デプロイ、使用の方法に変革をもたらします。クリエイティブコントロールが向上し、Flash、Flex、HTML および Ajax ベースのアプリケーションをデスクトップ、モバイルデバイス、およびテレビに拡張できます。

新しい各 AIR アップデートの内容については、Adobe AIR リリースノート(http://www.adobe.com/go/learn_air_relnotes_jp)を参照してください。