ユーザーのコンピューターへの AIR ファイルのダウンロード

Updater クラスを使用するには、ユーザーまたはアプリケーションによって、ユーザーのローカルコンピューターに AIR ファイルがあらかじめ保存されている必要があります。

注意: AIR 1.5 にはアップデートフレームワークが含まれており、開発者が AIR アプリケーションに優れたアップデート機能を実装する際に役立ちます。このフレームワークを使用するのは、Update クラスの update() メソッドを直接使用するよりも格段に簡単です。詳しくは、アップデートフレームワークの使用を参照してください。

次のコードでは、URL(http://example.com/air/updates/Sample_App_v2.air)から AIR ファイルを読み込んで、その AIR ファイルをアプリケーション記憶域ディレクトリに保存します。

ActionScript の例:

var urlString:String = "http://example.com/air/updates/Sample_App_v2.air"; 
var urlReq:URLRequest = new URLRequest(urlString); 
var urlStream:URLStream = new URLStream(); 
var fileData:ByteArray = new ByteArray(); 
urlStream.addEventListener(Event.COMPLETE, loaded); 
urlStream.load(urlReq); 
 
function loaded(event:Event):void { 
    urlStream.readBytes(fileData, 0, urlStream.bytesAvailable); 
    writeAirFile(); 
} 
 
function writeAirFile():void { 
    var file:File = File.applicationStorageDirectory.resolvePath("My App v2.air"); 
    var fileStream:FileStream = new FileStream(); 
    fileStream.open(file, FileMode.WRITE); 
    fileStream.writeBytes(fileData, 0, fileData.length); 
    fileStream.close(); 
    trace("The AIR file is written."); 
}

JavaScript の例:

var urlString = "http://example.com/air/updates/Sample_App_v2.air"; 
var urlReq = new air.URLRequest(urlString); 
var urlStream = new air.URLStream(); 
var fileData = new air.ByteArray(); 
urlStream.addEventListener(air.Event.COMPLETE, loaded); 
urlStream.load(urlReq); 
 
function loaded(event) { 
    urlStream.readBytes(fileData, 0, urlStream.bytesAvailable); 
    writeAirFile(); 
} 
 
function writeAirFile() { 
    var file = air.File.desktopDirectory.resolvePath("My App v2.air"); 
    var fileStream = new air.FileStream(); 
    fileStream.open(file, air.FileMode.WRITE); 
    fileStream.writeBytes(fileData, 0, fileData.length); 
    fileStream.close(); 
    trace("The AIR file is written."); 
}

詳しくは、以下を参照してください。