Adobe AIR アップデート

アドビ システムズ社では、新機能や小さな問題に対する修正プログラムによって、Adobe AIR を定期的に更新しています。自動通知およびアップデート機能を使用すると、Adobe AIR のアップデートバージョンが利用可能になったときに、ユーザーに対して自動的に通知することができます。

Adobe AIR のアップデートを行い Adobe AIR が適切に機能するようにします。アップデートにはセキュリティに関する重要な変更が含まれる場合があります。新しいバージョンが利用可能になった場合、特に、セキュリティアップデートについて言及されている場合は、必ず Adobe AIR の最新バージョンにアップデートすることをお勧めします。

デフォルトでは、AIR アプリケーションを起動したときに、ランタイムによって、アップデートが利用可能であるかどうかがチェックされます。このチェックは、前回のアップデートチェックから 2 週間を越えると実行されます。アップデートが利用可能であれば、アップデートがバックグラウンドでダウンロードされます。

ユーザーは、AIR 設定マネージャーアプリケーションを使用して、自動アップデート機能を無効にできます。AIR 設定マネージャーアプリケーションは、次の場所でダウンロードできます。http://airdownload.adobe.com/air/applications/SettingsManager/SettingsManager.air

Adobe AIR の通常のインストールプロセスでは、インストール環境の基本情報(オペレーティングシステムのバージョンや言語など)を送信するために、http://airinstall.adobe.com への接続が行われます。この情報は、1 回のインストールにつき 1 度だけ転送されます。この情報を使用することで、アドビ システムズ社では、インストールが成功したことを確認できます。個人を特定する情報を収集したり、転送したりしません。

キャプティブランタイムの更新

キャプティブランタイムバンドルと共にアプリケーションを配布しても、キャプティブランタイムは自動的には更新されません。ユーザーのセキュリティ確保のために、アドビが公開するアップデートを監視して、関連するセキュリティ変更が公開されたら、アプリケーションを新しいランタイムバージョンで更新する必要があります。