ビデオ形式について

Flash Player 9 以降、Adobe AIR 1.0 以降

Adobe FLV ビデオ形式に加えて、Flash Player および Adobe AIR では、MPEG-4 標準ファイル形式から H.264 および HE-AAC でエンコードされたビデオとオーディオがサポートされます。これらの形式では、低いビットレートで高品質のビデオがストリーミングされます。開発者は、Adobe Premiere Pro や Adobe After Effects などの業界標準のツールを利用して、説得力のあるビデオコンテンツを作成し、配信することができます。

フォーマット

コンテナ

ビデオ

H.264

MPEG-4:MP4、M4V、F4V、3GPP

ビデオ

Sorenson Spark

FLV ファイル

ビデオ

ON2 VP6

FLV ファイル

オーディオ

AAC+ / HE-AAC / AAC v1 / AAC v2

MPEG-4:MP4、M4V、F4V、3GPP

オーディオ

MP3

MP3

オーディオ

Nellymoser

FLV ファイル

オーディオ

Speex

FLV ファイル

モバイルデバイス用のビデオのエンコーディング

Android 上の AIR では、幅広い用途に対応する H.264 ビデオをデコードできます。ただし、携帯電話上でのスムーズな再生に適した H.264 ビデオはごく一部です。これは、多くの携帯電話に処理能力上の制約があるからです。モバイル用の Adobe Flash Player では、組み込みのハードウェアアクセラレーションを使用して H.264 ビデオをデコードできます。このデコード方法では、低い消費電力で高い画質を確保できます。

H.264 標準は、各種のエンコード方式をサポートします。複雑なプロファイルとレベルのビデオをスムーズに再生できるのは、ハイエンドなデバイスだけです。ただし、ベースラインプロファイルでエンコードされたビデオなら、ほとんどのデバイスで再生できます。モバイルデバイス上でハードウェアアクセラレーションを利用できるのは、これらのエンコード方式の一部のみです。プロファイルおよびレベルパラメーターは、このようなエンコード方式のサブセットと、エンコーダーによって使用される設定を定義したものです。開発者には、ほとんどのデバイスで問題なく再生できるように選択された解像度でビデオをエンコードすることが求められます。

ハードウェアアクセラレーションによるメリットを得られる解像度はデバイスによって異なりますが、ほとんどのデバイスでは次の標準解像度がサポートされます。

縦横比(アスペクト比)

推奨する解像度

4:3

640 × 480

512 × 384

480 × 360

16:9

640 × 360

512 × 288

480 × 272

注意: Flash Player は、H.264 標準のすべてのレベルとプロファイルをサポートします。これらの推奨事項を守ることにより、ほとんどのデバイスでハードウェアアクセラレーションが使用され、ユーザーエクスペリエンスが向上します。これらの推奨事項は必須ではありません。

詳細な説明と Adobe Media Encoder CS5 でのエンコーディング設定については、「モバイルデバイス用 Flash Player 10.1 向けの H.264 ビデオエンコーディングの推奨事項」を参照してください。

注意: iOS では、Sorenson Spark コーデックおよび On2 VP6 コーデックでエンコードされたビデオのみを Video クラスを使用して再生できます。デバイスのビデオプレーヤーでは、flash.net.navigateToURL() 関数を使用してビデオの URL を起動することにより、H.264 でエンコードされたビデオを再生できます。また、StageWebView オブジェクトに表示される HTML ページで <video> タグを使用して H.264 ビデオを再生することもできます。

Flash Player および AIR とエンコードされたビデオファイルとの互換性

Flash Player 7 では、Sorenson™ Spark™ ビデオコーデックでエンコードされた FLV ファイルをサポートしています。Flash Player 8 は、Sorenson Spark または Flash Professional 8 の On2 VP6 エンコーダーによってエンコードされた FLV ファイルをサポートします。On2 VP6 ビデオコーデックはアルファチャンネルに対応しています。

Flash Player 9.0.115.0 以降のバージョンでは、標準の MPEG-4 コンテナ形式から派生したファイルがサポートされます。H.264 ビデオ、HE-AAC v2 エンコードオーディオ、またはその両方が含まれる場合、このようなファイルには F4V、MP4、M4A、MOV、MP4V、3GP、3G2 があります。H.264 では、Sorenson または On2 の同じエンコードプロファイルと比較して、低いビットレートで高品質のビデオが配信されます。 HE-AAC v2 は、MPEG-4 ビデオ標準で定義された標準オーディオ形式である AAC の拡張です。HE-AAC v2 では、スペクトルバンドレプリケーション(SBR)およびパラメトリックステレオ(PS)技法を使用して、低いビットレートでのコーディング効率を向上させます。

次の表に、サポートされるコーデックの一覧を示します。対応する SWF ファイル形式と、それらのファイル形式の再生に必要な Flash Player および AIR のバージョンも示します。

コーデック

SWF ファイル形式バージョン(最も早くからサポートされていたパブリッシュバージョン)

Flash Player および AIR(再生に必要な最低バージョン)

Sorenson Spark

6

Flash Player 6、Flash Lite 3

On2 VP6

6

Flash Player 8、Flash Lite 3。

On2 VP6 ビデオのパブリッシュと再生をサポートしているのは、Flash Player 8 以降のバージョンだけです。

H.264(MPEG-4 Part 10)

9

Flash Player 9 Update 3、AIR 1.0

ADPCM

6

Flash Player 6、Flash Lite 3

MP3

6

Flash Player 6、Flash Lite 3

AAC(MPEG-4 Part 3)

9

Flash Player 9 Update 3、AIR 1.0

Speex(オーディオ)

10

Flash Player 10、AIR 1.5

Nellymoser

6

Flash Player 6

Adobe F4V および FLV ビデオファイル形式について

Flash Player および AIR にコンテンツをストリーミングするために、F4V および FLV ビデオファイル形式が用意されています。これらのビデオ形式について詳しくは、www.adobe.com/go/video_file_format_jp を参照してください。

F4V ビデオファイル形式

Flash Player Update 3(9.0.115.0)および AIR 1.0 以降、Flash Player および AIR では Adobe F4V ビデオ形式がサポートされます。このビデオ形式は、ISO MP4 形式に基づき、形式のサブセットではそれぞれ異なる機能がサポートされます。Flash Player では、次の最上位ボックスの 1 つから開始する有効な F4V ファイルが必要です。
  • ftyp

    ftyp ボックスでは、プログラムが特定のファイル形式を再生するためにサポートする必要のある機能が識別されます。

  • moov

    moov ボックスは、事実上 F4V ファイルのヘッダーです。このボックスには、F4V データの構造を定義する他のボックスを含む 1 つ以上の他のボックスが含まれます。F4V ファイルには、moov ボックスが必ず 1 つだけ含まれている必要があります。

  • mdat

    mdat ボックスには、F4V ファイルのデータペイロードが含まれます。FV ファイルには、mdat ボックスが 1 つだけ含まれます。mdat ボックス単体では認識できないので、moov ボックスもファイルに存在する必要があります。

F4V ファイルでは、最下位アドレスの最上位バイトが最初に出現するビッグエンディアンバイト順序でマルチバイト整数がサポートされます。

FLV ビデオファイル形式

Adobe FLV ファイル形式には、Flash Player で配信するエンコード済みのオーディオデータやビデオデータが含まれています。Adobe Media Encoder や Sorenson™ Squeeze などのエンコーダーを使用して、QuickTime または Windows Media ビデオファイルを FLV ファイルに変換することができます。

注意: Flash にビデオを取り込み、それを FLV ファイルとして書き出すと、FLV ファイルを作成することができます。FLV Export プラグインを使用すると、サポートされるビデオ編集アプリケーションから FLV ファイルを書き出すことができます。 Web サーバーから FLV ファイルをロードするには、ファイル名拡張子と MIME タイプを Web ブラウザーに登録します。Web サーバーのドキュメントを参照してください。FLV ファイルの MIME タイプは video/x-flv です。詳しくは、サーバーでホスティングするための FLV ファイルの設定を参照してください。

FLV ファイルについて詳しくは、ビデオファイルに関する高度なトピックを参照してください。

外部ビデオと埋め込みビデオ

外部ビデオファイルでは、取り込まれたビデオでは使用できない機能も使用することができます。

  • 再生速度を遅くしなくても、アプリケーションで長いビデオクリップを表示することができます。外部ビデオファイルではキャッシュされたメモリを使用するので、大きなファイルが小さな部分に分割されて格納され、動的にアクセスされます。このため、外部 F4V ファイルおよび FLV ファイルは、埋め込みビデオファイルよりもメモリを必要としません。

  • 外部ビデオファイルには、それを再生する SWF ファイルとは異なるフレームレートを持たせることができます。例えば、SWF ファイルのフレームレートを毎秒 30 フレーム(fps)に設定する一方で、ビデオのフレームレートを 21 fps に設定することができます。このように設定すると、埋め込みビデオよりも操作性が高くなり、ビデオをスムーズに再生することができます。 また、既存の SWF ファイルコンテンツを変更することなく、異なるフレームレートでビデオファイルを再生することが可能になります。

  • 外部ビデオファイルでは、ビデオファイルのロード中に SWF コンテンツの再生が中断されません。取り込まれたビデオファイルの場合、CD-ROM ドライブへのアクセスといった機能を実行するために、ドキュメントの再生が中断されることがあります。 ビデオファイルでは、再生を中断することなく、SWF コンテンツから独立して機能を実行することができます。

  • また、ビデオコンテンツへのキャプション追加も、外部 FLV ファイルの方が簡単です。これは、イベントハンドラーを使用してビデオのメタデータにアクセスできるからです。