AIR 開発ツール(ADT)

AIR 開発ツール(ADT)は、AIR アプリケーションを開発するための、多目的なコマンドラインツールです。ADT を使用して、次の作業を実行できます。

  • AIR アプリケーションを .air インストールファイルとしてパッケージ化する

  • AIR アプリケーションをネイティブインストーラー(Windows の .exe インストーラーファイル、iOS の ipa または Android の .apk など)としてパッケージ化する

  • ネイティブ拡張を AIR ネイティブ拡張(ANE)ファイルとしてパッケージ化する

  • AIR アプリケーションを電子証明書で署名する

  • アプリケーションのアップデートで使用される電子署名を変更(移行)する

  • コンピューターに接続されているデバイスを確認する

  • 自己署名入りデジタルコード署名証明書を作成する

  • モバイルデバイスに対して、アプリケーションをリモートでインストール、起動、およびアンインストールする

  • モバイルデバイスに対して、AIR ランタイムをリモートでインストールおよびアンインストールする

ADT は、AIR SDK に含まれている Java プログラムです。ADT を使用するためには、Java 1.5 以上が必要です。SDK には、ADT を呼び出すためのスクリプトファイルが含まれています。このスクリプトを使用するためには、Java プログラムの場所が PATH 環境変数内に指定されている必要があります。AIR SDK bin ディレクトリも PATH 環境変数内に指定されている場合は、コマンドラインで適切な引数と共に「adt」と入力すると、ADT を呼び出すことができます(PATH 環境変数の設定方法がわからない場合は、ご使用のオペレーティングシステムのドキュメントを参照してください。この設定をさらに容易にするために、ほとんどのコンピューターシステムにおけるパスの設定手順が、PATH 環境変数に説明されています)。

ADT を使用するには、少なくとも 2GB のコンピューターのメモリが必要です。メモリが 2GB よりも少ない場合、特に iOS 用アプリケーションをパッケージ化する際に、ADT がメモリ不足となる可能性があります。

Java および AIR SDK bin ディレクトリの両方が PATH 変数に含まれていれば、次の基本シンタックスを使用して、ADT を実行できます。

adt -command options 
注意: Adobe Flash Builder、Adobe Flash Professional など、ほとんどの統合開発環境には、AIR アプリケーションのパッケージ化および署名を自動実行する機能があります。該当する開発環境を既に使用している場合、通常、これらの一般的な作業に ADT を使用する必要はありません。ただし、場合によっては、ご使用の統合開発環境でサポートされていない機能を実行するために、ADT をコマンドラインツールとして使用する必要があります。また、自動ビルドプロセスの一部に、ADT をコマンドラインツールとして使用することもできます。