Flash Professional CS5 における iPhone アプリケーションプロパティの設定

Flash Professional CS5 の iPhone 設定ダイアログボックスを使用すると、iPhone アプリケーションの様々な基本プロパティを定義できます。

iPhone 設定ダイアログボックスを開くには:

 ファイル/iPhone 設定を選択します。

「一般」タブ

「一般」タブには、iPhone に関連する次の設定が含まれています。

  • 出力ファイル - iPhone のアプリケーションアイコンの下に表示されるアプリケーションの名前です。出力ファイル名にはプラス記号(+)を含めないでください。

  • アプリケーション名 - iPhone のアプリケーションアイコンの下に表示されるアプリケーションの名前です。アプリケーション名にはプラス記号(+)を含めないでください。

  • バージョン - インストールしているアプリケーションのバージョンを確認できます。このバージョン番号は、iPhone アプリケーションの CFBundleVersion として使用されます。この番号は、nnnnn[.nn[.nn]] のような形式になります。ここで n は 0 ~ 9 の数値、角括弧はオプションの構成要素を示します。例えば、1、1.0、1.0.1 のようになります。iPhone バージョンには数値および小数点のみを含める必要があります。iPhone バージョンに含めることのできる小数点は 2 つまでです。

  • 起動時の縦横比 - アプリケーションの起動時の縦横比(縦長モードまたは横長モード)

  • フルスクリーンモードにする - アプリケーションでフルスクリーンを使用するか、iPhone ステータスバーを表示するか。

  • 自動回転を有効にする - iPhone の向きを変更したときに、アプリケーションの表示コンテンツを自動的に回転させるには、このオプションを選択します。

    自動回転の使用時に最適な結果を得るために、ActionScript コードを追加して Stage の align プロパティを次のように設定します。

    stage.align = StageAlign.TOP_LEFT; 
    stage.scaleMode = StageScaleMode.NO_SCALE;
  • レンダリング - iPhone での表示オブジェクトのレンダリング方法。

    • CPU - アプリケーションは CPU を使用してすべての表示オブジェクトをレンダリングします。ハードウェアアクセラレーションは使用されません。

    • GPU - アプリケーションは iPhone の GPU を使用してビットマップを合成します。

    • 自動 - この機能は実装されていません。

    詳しくは、ハードウェアアクセラレーションを参照してください。

  • 含めるファイル - iPhone アプリケーションにパッケージ化するすべてのファイルとディレクトリを追加します。メイン SWF ファイルおよびアプリケーション記述ファイルはデフォルトで含まれています。他に必要なアセットがある場合は、それらを「含めるファイル」リストに追加します。起動画面アートファイル(Default.png)は、「含めるファイル」リストに必ず追加してください。

「デプロイ」タブ

「デプロイ」タブには、アプリケーションの署名設定およびコンパイル設定が含まれます。

  • iPhone 電子署名 - P12 証明書ファイルと証明書のパスワードを指定します。Apple iPhone 証明書を .p12 形式に変換する必要があります。詳しくは、Apple から開発ファイルを入手を参照してください。

  • プロビジョニングファイル - Apple から入手した、このアプリケーション用のプロビジョニングファイルを指定します。詳しくは、Apple から開発ファイルを入手を参照してください。

  • アプリケーション ID - アプリケーションを一意に識別します。プロビジョニングファイルが特定のアプリケーション ID に関連付けられている場合は、Flash Professional CS5 によってこのフィールドが設定されます。ユーザーは編集できませんそれ以外の場合は、プロビジョニングプロファイルで複数の(ワイルドカード)アプリケーション ID を使用できます。Apple に提供したアプリケーション ID のワイルドカードパターンに一致するアプリケーション ID を指定します。

    • 例えば、Apple アプリケーション ID が com.myDomain.* の場合、iPhone 設定ダイアログボックスのアプリケーション ID は、com.myDomain で始まる必要があります(例えば、com.myDomain.myApp または com.myDomain.app22 などです)。

    • Apple アプリケーション ID が * の場合は、有効な文字であればどのような文字列でも iPhone 設定ダイアログボックスのアプリケーション ID に使用できます。

    プロビジョニングプロファイルに関連付けられている Apple アプリケーション ID(またはアプリケーション ID のワイルドカードパターン)は、iPhone Dev Center(http://developer.apple.com/iphone)で確認できます。iPhone デベロッパープログラムポータルのプロビジョニングセクションに移動してください。

    重要:Apple アプリケーション ID の先頭の文字列は無視してください。Apple ではこの文字列をバンドルシード ID と呼んでいます。例えば、Apple でアプリケーション ID が 96LPVWEASL.com.example.bob.myApp と表示されている場合は、96LPVWEASL を無視し、com.example.bob.myApp をアプリケーション ID として使用します。Apple でアプリケーション ID が 5RM86Z4DJM.* と表示されている場合は、5RM86Z4DJM を無視します(これはワイルドカードアプリケーション ID です)。

  • iPhone デプロイタイプ:

    • クイックパブリッシュ - デバイスでのテスト用 - 開発 iPhone でアプリケーションのテスト用のバージョンを迅速にコンパイルするには、このオプションを選択します。

    • デバイスのデバッグを目的としたクイックパブリッシュ - 開発 iPhone でアプリケーションのデバッグ用のバージョンを迅速にコンパイルするには、このオプションを選択します。このオプションを使用すると、Flash Professional CS5 のデバッガーは、iPhone アプリケーションから trace() を受け取ることができます(iPhone アプリケーションのデバッグを参照してください)。

    • デプロイ - アドホック - アドホックデプロイ用にアプリケーションを作成するには、このオプションを選択します。Apple iPhone デベロッパーセンターを参照してください。

    • デプロイ - Apple App Store - Apple App Store にデプロイする最終版の IPA ファイルを作成するには、このオプションを選択します。

「アイコン」タブ

「アイコン」タブでは、29 x 29 ピクセルのアイコンイメージ、48 x 48 ピクセルのアイコンイメージ、57 x 57 ピクセルのアイコンイメージ、72 x 72 ピクセルのアイコンイメージ、および 512 x 512 ピクセルのアイコンイメージの場所を指定します。iPhone のアイコンと起動画面イメージを参照してください。

注意: 48 x 48 ピクセルおよび 72 x 72 ピクセル用のオプションは、Flash Professional CS5 に付属する Packager for iPhone Preview バージョンには含まれていません。Flash Professional CS5 でヘルプ/アップデートを選択してこれらのオプションを追加してください。