Flash でのモーショントゥイーンスクリプトのコピー

Flash Player 9 以降、Adobe AIR 1.0 以降、Flash CS3 以降(必須)

トゥイーンは、タイムライン上の 2 つの異なるフレームの間に、異なる状態の表示オブジェクトを表示する中間フレームを生成します。最初のフレームのイメージが 2 番目のフレームのイメージへと滑らかに変化する視覚的効果を作り出します。モーショントゥイーンでは、通常、外観の変化には表示オブジェクトの位置の変化が伴うので、動きが生み出されます。表示オブジェクトの位置の変更だけでなく、モーショントゥイーンは、表示オブジェクトの回転、傾斜、サイズ変更を行ったり、表示オブジェクトにフィルターを適用したりすることもできます。

Flash を使用し、タイムライン上のキーフレーム間で表示オブジェクトを動かすことにより、モーショントゥイーンを作成します。Flash は、トゥイーンを記述する ActionScript コードを自動的に生成します。このコードをコピーしてファイルに保存できます。モーショントゥイーンの作成については、『Flash Professional ユーザーガイド』で「モーショントゥイーン」の節を参照してください。

Flash で「ActionScript 3.0 としてのモーションのコピー」コマンドにアクセスするには、2 つの方法があります。第 1 の方法は、ステージのトゥイーンコンテキストメニューからです。

  1. ステージでモーショントゥイーンを選択します。

  2. 右クリック(Windows の場合)するか、または Control キーを押しながらクリック(Macintosh の場合)します。

  3. 「AS 3.0 にモーションを書き出してコピー」を選択します。

もう 1 つの方法は、Flash の編集メニューからコマンドを直接選択します。
  1. ステージでモーショントゥイーンを選択します。

  2. 編集/タイムライン/AS 3.0 にモーションを書き出してコピーを選択します。

    タイムラインメニューからのモーションのコピー

スクリプトをコピーした後、ファイルに貼り付けて保存します。

モーショントゥイーンを作成し、スクリプトをコピーして保存した後は、それをそのまま再利用することも、独自の ActionScript ベースのダイナミック アニメーションで変更することもできます。