C を使用したネイティブ側のコーディング

一部のデバイスでは、ネイティブ実装で C プログラミング言語を使用します。ネイティブ拡張でこのようなデバイスをターゲットにする場合は、ネイティブ拡張 C API を使用して拡張のネイティブ側をコーディングします。

C API は、FlashRuntimeExtensions.h ファイル内にあります。このファイルは AIR SDK の include ディレクトリにあります。AIR SDK は、http://www.adobe.com/jp/special/products/air/sdk/ で取得できます。

AIR ランタイムは、拡張のネイティブ側と ActionScript 側を接続します。

C API を使用して、次のタスクを実行できます。

  • 拡張を初期化します。

  • 拡張の作成時に、それぞれの拡張コンテキストを初期化します。

  • ActionScript 側が呼び出すことのできる関数を定義します。

  • ActionScript 側にイベントを送出します。

  • ActionScript 側から渡されたデータにアクセスし、ActionScript 側にデータを返します。

  • コンテキスト固有のネイティブデータおよびコンテキスト固有の ActionScript データを作成し、これらのデータにアクセスします。

  • 拡張の操作の完了時に、拡張リソースをクリーンアップします。

パラメーターや戻り値など、C API 関数について詳しくは、ネイティブ C API リファレンスを参照してください。

C API を使用するネイティブ拡張の例については、「Adobe AIR 用のネイティブ拡張」を参照してください。