Flash Catalyst CS5.5 の新機能

Flash Catalyst CS5.5 の新機能のリストを次に示します。

Flash Catalyst CS5.5 と Flash Builder 4.5 の間のデザイナーと開発者のワークフロー

Flash Catalyst CS5.5 と Flash Builder 4.5 によって、デザイナーと開発者のコラボレーションを可能にするワークフローが実現します。デザイナーと開発者は、Flash Catalyst と Flash Builder の間で、FXP ファイルと FXPL ファイルを、必要に応じて相互にやりとりできます。

Flash Catalyst と Flash Builder の間のワークフローを参照してください。

サイズ変更可能なアプリケーションとコンポーネント

様々な画面サイズに対応するアプリケーションをデザインすることは、デザイナーが直面する大変大きな課題です。Flash Catalyst CS5.5 では、デザイナーが制約を定義して、様々なサイズや解像度の画面上にアプリケーションおよびコンポーネントが表示される際の調整方法を制御できます。

アプリケーションとコンポーネントのサイズ変更を参照してください。

新しいコンポーネントと共有ライブラリパネル

コンポーネントを使用すると、デザイナーが機能的なインタラクティブワイヤーフレームをすばやくデザインし、後で開発者がスキンの適用および変更を行えます。Flash Catalyst CS5.5 には、新しい共有ライブラリパネルに新しいコンポーネントが含まれています。

共有ライブラリを参照してください。

開発者が定義したコンポーネントの外観を編集する機能

基礎となるコードやロジックを知らなくても、開発者が作成したカスタムコンポーネントの外観をデザイナーが効率的に編集できるようになりました。

カスタムスキナブルコンポーネントを参照してください。

さらに直感的なコンポーネントの命名

アートワークをコンポーネントに変換したり、スキンを適用するためにワイヤーフレームコンポーネントをダブルクリックすると、そのコンポーネントがライブラリパネルに追加されます。Flash Catalyst CS5 では、これらのコンポーネントに、自動的に名前(Button1、Button2 など)が付いていました。Flash Catalyst CS5.5 では、アートワークをコンポーネントに変換したり、ワイヤーフレームコンポーネントにスキンを適用しようとすると、ダイアログボックスが表示されて、コンポーネントの名前を入力するように求められます。このように、ライブラリに表示されるコンポーネントが編成されて名前が付けられるので、プロジェクトの操作が容易になります。

コンポーネントの命名を参照してください。

アートボードのオブジェクトの置換

Flash Catalyst CS5.5 では、アートボードのオブジェクトを簡単に置換できるようになったので、機能的なワイヤーフレームのモックアップがさらに簡単になりました。繰り返しアートワークの置換を参照してください。

拡張された整列オプション

Flash Catalyst CS5.5 には、Illustrator などのアドビの他のデザインアプリケーションのパネルに似た新しい整列パネルが用意されています。

グラフィックの整列を参照してください。

トランジションタイムラインの向上

Flash Catalyst CS5.5 には、長いトランジションをさらに簡単にナビゲートできるようにする新しいスクロールバーなどの、新しく拡張されたタイムラインパネルが用意されています。

アニメーションを参照してください。

インタラクションの拡張

Flash Catalyst CS5.5 では、ダブルクリックでインタラクションをトリガーできる機能やアプリケーション内の任意のコンポーネントをターゲットにできる機能など、より強力なインタラクションを可能にする機能が用意されています。

インタラクションがあるナビゲーションとビヘイビアーの作成を参照してください。

開発者が定義したデータリストの操作

Flash Catalyst CS5 には、デザイナーがモックデータセットを作成してデータソースへの接続をシミュレートできるようにするデザイン用データパネルが用意されていました。その後、開発者がファイルを Flash Builder 4 で開いて、ライブデータベースへの接続でモックデータを置換できました。

Flash Catalyst CS5.5 では、デザイナーが開発者からファイルを再び受け取って、データリストコンポーネントのデータ接続を変更せずに、コンポーネントの外観を Catalyst で変更できるようになりました。Flash Catalyst からプロジェクトを実行すると、実際のライブデータがデータリストコンポーネントに表示されます。

データリストの概要を参照してください。