モバイルデバイス向けの AIR アプリケーションの開発

AIR アプリケーションは、モバイルデバイス上にネイティブアプリケーションとしてデプロイされます。AIR ファイル形式ではなく、デバイスのアプリケーション形式が使用されます。現在、AIR は Android APK パッケージおよび iOS IPA パッケージをサポートしています。リリースバージョンのアプリケーションパッケージを作成したら、標準のプラットフォームメカニズムを介してアプリケーションを配布できます。通常、標準のプラットフォームメカニズムは Android の場合は Android Market で、iOS の場合は Apple App Store です。

AIR SDK、Flash Professional、Flash Builder または他の ActionScript 開発ツールを使用して、モバイルデバイス用 AIR アプリケーションを構築できます。HTML ベースのモバイル AIR アプリケーションは現在サポートされていません。

注意: RIM(Research In Motion)BlackBerry Playbook には、AIR 開発のために独自の SDK が用意されています。Playbook の開発について詳しくは、RIM: BlackBerry Tablet OS Developmentを参照してください。
注意: このドキュメントでは、AIR 2.6 SDK 以降を使用した iOS アプリケーションの開 発方法について説明します。AIR 2.6 以降で作成されたアプリケーションは、iOS 4 以降を実行する iPhone 3GS、iPhone 4、iPad の各デバイスにインストールできます。iOS の以前のバージョン用の AIR アプリケーションを開発するには、iPhone アプリケーションの構築の説明に従って、AIR 2 Packager for iPhone を使用する必要があります。

プライバシーのベストプラクティスについて詳細は、Adobe AIR SDK プライバシーガイドを参照してください。

AIR アプリケーションを実行するための完全な必要システム構成については、Adobe AIR 必要システム構成を参照してください。