CreateTimeSpan

説明

期間を定義する日付時刻オブジェクトを作成します。このオブジェクトは、他の日付時刻オブジェクトへの加算または減算が可能であり、cfquerycachedWithin 属性とともに使用できます。

戻り値

日付時刻オブジェクト(Java の double 型)

関数のシンタックス

CreateTimeSpan(days, hours, minutes, seconds)

関連項目

CreateDateTimeDateAddDateConvert、『ColdFusion アプリケーションの開発』のDefining application-level settings and variables

パラメータ

パラメータ

説明

days

期間の日数を示す 0 ~ 32768 の範囲の整数です。

hours

期間の時数を示す数値です。

minutes

期間の分数を示す数値です。

seconds

期間の秒数を示す数値です。

使用方法

特殊な日付時刻オブジェクトを作成します。このオブジェクトは、他の日付時刻オブジェクトに対して加算または減算を行う場合や、cfquerycachedWithin 属性とともに使用する場合にのみ使用できます。

cfquerycachedWithin 属性を使用する場合、元のクエリーの日付がユーザーが定義した期間内であれば、キャッシュされたクエリーデータが使用されます。この場合、CreateTimeSpan 関数は現在からさかのぼって期間を定義するために使用します。cachedWithin 属性は、ColdFusion Administrator のクエリーのキャッシュ機能が有効な場合にのみ使用できます。詳細については、cfquery を参照してください。

<!--- This example shows the use of CreateTimeSpan with cfquery ---> 
<h3>CreateTimeSpan Example</h3> 
<!--- define startrow and maxrows to facilitate 'next N' style browsing ---> 
<CFPARAM name = "MaxRows" default = "10"> 
<CFPARAM name = "StartRow" default = "1"> 
<!--- Query database for information, if cached database information has not been updated in the last six hours. --------> 
<cfoutput> 
<cfquery name = "GetParks" datasource = "cfdocexamples"  
    cachedWithin = "#CreateTimeSpan(0, 6, 0, 0)#"> 
    SELECT PARKNAME, REGION, STATE 
    FROM Parks  
    ORDER by ParkName, State 
</cfquery> 
</cfoutput> 
<!--- build HTML table to display query ---> 
<TABLE cellpadding = 1 cellspacing = 1> 
<TR> 
    <TD colspan = 2 bgcolor = f0f0f0> 
    <B><I>Park Name</I></B> 
    </TD> 
    <TD bgcolor = f0f0f0> 
    <B><i>Region</I></B> 
    </TD> 
    <TD bgcolor = f0f0f0> 
    <B><I>State</I></B> 
    </TD> 
</TR> 
<!--- Output query, define startrow and maxrows. Use query variable CurrentCount to track the row you are displaying. ---> 
<cfoutput query = "GetParks" StartRow = "#StartRow#"  
    MAXROWS = "#MaxRows#"> 
<TR> 
    <TD valign = top bgcolor = ffffed> 
    <B>#GetParks.CurrentRow#</B> 
    </TD> 
    <TD valign = top> 
    <FONT SIZE = "-1">#ParkName#</FONT> 
    </TD> 
    <TD valign = top> 
    <FONT SIZE = "-1">#Region#</FONT> 
    </TD> 
    <TD valign = top> 
    <FONT SIZE = "-1">#State#</FONT> 
    </TD> 
</TR> 
</cfoutput> 
<!--- If number of records is less than or equal to number of rows, offer link to same page, with startrow value incremented by maxrows (in this example, 
    incremented by 10). ---> 
<TR> 
    <TD colspan = 4> 
    <cfif (StartRow + MaxRows) LTE GetParks.RecordCount> 
        <a href = "cfquery.cfm?startrow = <cfoutput>#StartRow + MaxRows# 
        </cfoutput>">See next <cfoutput>#MaxRows#</cfoutput> rows</A> 
    </cfif> 
    </TD> 
</TR> 
</TABLE>