ListLen

説明

リスト内の要素数を調べます。

リスト内の要素数を表す整数を返します。

カテゴリ

リスト関数

関数のシンタックス

ListLen(list [, delimiters ]) 
ListLen(list [, delimiters, includeEmptyValues ])

関連項目

ListAppendListDeleteAtListInsertAtListPrepend、『ColdFusion アプリケーションの開発』のLists

パラメータ

パラメータ

説明

list

リスト、またはリストを含んでいる変数です。

delimiters

文字列、または文字列を含んでいる変数です。リスト要素を区切る文字です。デフォルト値はカンマ (,) です。

このパラメータに複数の文字が含まれている場合、それぞれの文字が出現するすべての箇所が区切り文字として処理されます。

includeEmptyValues

includeEmptyValues を true に設定した場合、長さの計算時に、リスト内のすべての空の値が考慮されます。false に設定した場合、空のリスト要素は無視されます。

使用方法

ColdFusion では空のリスト要素が無視されるため、"a,b,c,,,d" の場合は 4 つの要素があることになります。

次に、ListLen の処理の例を示します。

ステートメント

出力

コメント

ListLen('a,b, c,,,d')

4

3 番目の要素は " c" です。

ListLen('a,b, c,,,d',',')

4

4 番目の要素は "d'" です。

ListLen('elem_1___elem_2___elem_3')

1

 

ListLen('elem*1***elem*2***elem*3')

1

 

ListLen('elem_1___elem_2___elem_3','_')

6

 

<h3>ListLen Example</h3> 
<!--- Find a list of users who wrote messages ---> 
<cfquery name = "GetMessageUser" datasource = "cfdocexamples"> 
    SELECT Username, Subject, Posted 
    FROMMessages 
</cfquery> 
<cfset temp = ValueList(GetMessageUser.Username)> 
<!--- loop through the list and show it with ListGetAt ---> 
<h3>This is a list of usernames who have posted messages 
<cfoutput>#ListLen(temp)#</cfoutput> users.</h3> 
<ul> 
<cfloop From = "1" TO = "#ListLen(temp)#" INDEX = "Counter"> 
    <cfoutput><li>Username #Counter#:  
     #ListGetAt(temp, Counter)#</cfoutput> 
</cfloop> 
</ul>