ミップマッピングの利用

MIP マップ(ミップマップとも呼ばれる)は、実行時のレンダリング品質とパフォーマンスを高めるためにテクスチャに関連付けられたビットマップの集合です。Flash Player 9.0.115.0 以降のバージョンおよび AIR にはこの技術が実装され(このプロセスはミップマッピングと呼ばれる)、各ビットマップのサイズが異なる最適化されたバージョンが作成されます。サイズは 50% から始まります。

Flash Player および AIR は、ActionScript 3.0 Loaderクラス、Flash オーサリングツールライブラリのビットマップ、または BitmapData オブジェクトを使用して表示されるビットマップ(JPEG、GIF または PNG ファイル)についての MIP マップを作成します。Flash Player は、ActionScript 2.0 の loadMovie() 関数を使用して表示されるビットマップについても、MIP マップを作成します。

MIP マップは、フィルタが適用されたオブジェクトまたはビットマップキャッシュされたムービークリップには適用されません。ただし、フィルタが適用された表示オブジェクト内にビットマップ変換が含まれている場合は、そのビットマップがマスクされたコンテンツ内にある場合でも、MIP マップが適用されます。

Flash Player および AIR のミップマッピングは自動的に行われますが、次のガイドラインに準拠していれば、イメージでこの最適化手法を確実に利用できます。

  • ビデオ再生の場合、Video オブジェクトの smoothing プロパティを true に設定します( Video クラス)。

  • ビットマップの場合は、smoothing プロパティを true に設定する必要はありませんが、スムージングを利用した方が品質が明らかに向上します。

  • 2 次元イメージの場合は、ビットマップサイズを 4 または 8 で割り切れるサイズにし(例えば 640 x 128 では、320 x 64 > 160 x 32 > 80 x 16 > 40 x 8 > 20 x 4 > 10 x 2 > 5 x 1 のようにサイズを縮小できます)、3 次元テクスチャの場合はビットマップサイズを 2^n にします。MIP マップは、幅と高さが 2^n であるビットマップ(256 x 256、512 x 512、1024 x 1024 など)から生成されます。Flash Player または AIR では、幅または高さが奇数になると、ミップマッピングは終了します。