インストールとアップデート



AIR アプリケーションは、拡張子が air の AIR インストーラファイルを使用して配布されます。Adobe AIR がインストールされていて AIR インストーラファイルを開く場合、ランタイムによってインストールプロセスが管理されます。

注意: 開発者は、バージョン、アプリケーション名、発行者ソースを指定できますが、アプリケーションのインストールの最初のワークフロー自体は変更できません。ランタイムによって管理される安全で合理化された一貫性のあるインストール手順をすべての AIR アプリケーションで共有できるので、この制限はユーザにとってメリットになります。アプリケーションのカスタマイズが必要な場合は、アプリケーションを初めて実行するときに指定できます。

ランタイムのインストール先

SWF ファイルで最初に Flash Player ブラウザプラグインをインストールする必要があるのと同様に、AIR アプリケーションでも最初にランタイムをユーザのコンピュータにインストールする必要があります。

ランタイムはユーザのコンピュータ上の次の場所にインストールされます。

  • Macintosh:/Library/Frameworks/

  • Windows:C:¥Program Files¥Common Files¥Adobe AI

Macintosh でアプリケーションのアップデートバージョンをインストールするには、アプリケーションディレクトリにインストールするための適切なシステム権限が必要です。Windows では、管理権限が必要です。

ランタイムは 2 つの方法でインストールできます。1 つはシームレスインストール機能を使用する(Web ブラウザから直接インストールする)方法で、もう 1 つは手動でインストールする方法です。詳しくは、AIR アプリケーションの配布、インストール、実行を参照してください。

シームレスインストール(ランタイムおよびアプリーション)

シームレスインストール機能を使用すると、開発者は、Adobe AIR をインストールしていないユーザに合理化されたインストールエクスペリエンスを提供できます。シームレスインストール方法では、開発者はインストール対象のアプリケーションを表す SWF ファイルを作成します。ユーザが SWF ファイルをクリックしてアプリケーションをインストールすると、SWF ファイルはランタイムの検出を試みます。ランタイムが検出されない場合、ランタイムはインストールされて、開発者のアプリケーションのインストールプロセスですぐに有効化されます。

手動によるインストール

ユーザが AIR ファイルを開く前にランタイムを手動でダウンロードしてインストールすることもできます。この場合、開発者は様々な方法(電子メールや Web サイト上の HTML リンクなど)で AIR ファイルを配布できます。AIR ファイルを開くと、ランタイムはアプリケーションのインストール処理を開始します。

このプロセスについて詳しくは、AIR アプリケーションの配布、インストール、実行を参照してください。

アプリケーションのインストールフロー

AIR のセキュリティモデルでは、ユーザが AIR アプリケーションをインストールするかどうかを決定できます。AIR インストールエクスペリエンスでは、ユーザがこの信用判断をより簡単に行うことができるように、ネイティブアプリケーションのインストールテクノロジにいくつかの改良が行われています。

  • ランタイムは、AIR アプリケーションが Web ブラウザ内のリンクからインストールされる場合でも、すべてのオペレーティングシステムで一貫したインストールエクスペリエンスを提供します。ネイティプアプリケーションのインストールエクスペリエンスは、セキュリティ情報がすべて提供される場合、セキュリティ情報を提供するブラウザまたは他のアプリケーションに依存します。

  • AIR アプリケーションのインストールエクスペリエンスでは、アプリケーションのソースと、アプリケーションで使用可能な権限(ユーザがインストールの処理を許可されている場合)に関する情報を識別します。

  • ランタイムは、AIR アプリケーションのインストールプロセスを管理します。AIR アプリケーションは、ランタイムが使用するインストールプロセスを操作できません。

一般的に、ユーザは信頼していないソース、または検証できないソースからのデスクトップアプリケーションはインストールしません。他のインストール可能なアプリケーションと同様に、ネイティブアプリケーションのセキュリティに関する立証責任は、AIR アプリケーションにも同等に当てはまります。

アプリケーションのインストール先

インストールディレクトリは、次の 2 つのオプションのいずれかを使用して設定できます。

  1. ユーザがインストール中にインストール先をカスタマイズします。アプリケーションは、ユーザが指定した場所にインストールされます。

  2. ユーザがインストール先を変更しない場合、アプリケーションはランタイムが指定した次のデフォルトパスにインストールされます。

    • Macintosh:~/Applications/

    • Windows XP 以前:C:¥¥rogram Files¥

    • Windows Vista:~¥¥

    開発者がアプリケーション記述ファイルで installFolder 設定を指定している場合は、このディレクトリのサブパスにアプリケーションがインストールされます。

AIR ファイルシステム

AIR アプリケーションのインストールプロセスでは、開発者が AIR インストーラファイルに含めたすべてのファイルがユーザのローカルコンピュータにコピーされます。インストールされたアプリケーションの構成は次のとおりです。

  • Windows:AIR インストーラファイルに含まれるすべてのファイルを格納するディレクトリ。AIR アプリケーションのインストール時にはランタイムによって exe ファイルも作成されます。

  • Macintosh:AIR インストーラファイルのコンテンツがすべて含まれる app ファイル。このファイルは、Finder の「Show Package Contents」オプションを使用して調べることができます。ランタイムはこの app ファイルを AIR アプリケーションのインストール中に作成します。

AIR アプリケーションは次の方法で実行されます。

  • Windows:インストールフォルダで .exe ファイル、またはこのファイルに対応するショートカット(スタートメニューまたはデスクトップのショートカットなど)を実行します。

  • Macintosh:.app ファイル、または .app ファイルを参照するエイリアスを実行します。

アプリケーションファイルシステムには、アプリケーションの機能に関連するサブディレクトリも含まれます。例えば、暗号化されたローカル記憶領域に書き込まれた情報は、アプリケーションのアプリケーション ID に基づく名前が付いたディレクトリ内のサブディレクトリに保存されます。

AIR アプリケーション記憶領域

AIR アプリケーションは、ユーザのハードディスク上のどの場所にも書き込むことができる権限を持っています。ただし、開発者は、作成したアプリケーションに関連するローカル記憶領域に app-storage:/ パスを使用することをお勧めします。アプリケーションから app-storage:/ に書き込まれたファイルは、ユーザのオペレーティングシステムの標準の保存場所に保存されます。

  • Macintosh:アプリケーションの記憶領域ディレクトリは <appData>/<appId>/Local Store/ です。ここで <appData> はユーザの「基本設定フォルダ」であり、通常は /Users/<user>/Library/Preferences になります。

  • Windows:アプリケーションの記憶領域ディレクトリは <appData>\<appId>\Local Store\ です。ここで <appData> はユーザの CSIDL_APPDATA「特殊フォルダ」であり、通常は C:¥Documents and Settings¥<userName>¥Application Data になります。

アプリケーション記憶領域ディレクトリには、air.File.applicationStorageDirectory プロパティを介してアクセスできます。このディレクトリのコンテンツには、File クラスの resolvePath() メソッドを使用してアクセスできます。詳しくは、ファイルシステムの操作を参照してください。

Adobe AIR のアップデート

ランタイムのアップデートバージョンを必要とする AIR アプリケーションをユーザがインストールすると、ランタイムによって必要なランタイムアップデートが自動的にインストールされます。

ランタイムをアップデートするためには、ユーザは対象のコンピュータの管理権限を持っている必要があります。

AIR アプリケーションのアップデート

ソフトウェアアップデートの開発と展開は、ネイティブコードアプリケーションの中でも最も大きなセキュリティ問題の 1 つです。AIR API には、この問題を改善するメカニズムが用意されています。Updater.update() メソッドを起動時に呼び出して、リモートの場所に AIR ファイルがあるかどうか確認することができます。アップデートが必要な場合、AIR ファイルがダウンロード、インストールされ、アプリケーションが再起動します。開発者はこのクラスを、新しい機能を提供するためだけでなく、潜在的なセキュリティの脆弱性に対処するためにも使用できます。

注意: 開発者はアプリケーション記述ファイルのバージョンプロパティを設定してアプリケーションのバージョンを指定できます。AIR は、version ストリングを解釈しません。したがってバージョン「3.0」は、バージョン「2.0」よりも新しいとは見なされません。有効なバージョン管理を維持できるかどうかは開発者次第です。詳しくは、アプリケーション記述ファイルでのプロパティの定義を参照してください。

AIR アプリケーションのアンインストール

ユーザは AIR アプリケーションを次の方法でアンインストールできます。

  • Windows :「プログラムの追加と削除」パネルを使用してアプリケーションを削除します。

  • Macintosh:インストール場所から app ファイルを削除します。

AIR アプリケーションを削除すると、アプリケーションディレクトリ内のすべてのファイルが削除されます。ただし、アプリケーションがアプリケーションディレクトリ以外のディレクトリに書き込みを行ったファイルは削除されません。AIR アプリケーションを削除すると、AIR アプリケーションがアプリケーションディレクトリ以外のディレクトリに行った変更は元に戻りません。

Adobe AIR のアンインストール

AIR は、次の方法でアンインストールできます。

  • Windows :コントロールパネルの「プログラムの追加と削除」を実行し、Adobe AIR を選択して「削除」をクリックします。

  • Macintosh:Adobe AIR アンインストーラアプリケーションを Applications ディレクトリで実行します。

管理者用の Windows レジストリ設定

Windows では、管理者は、AIR アプリケーションのインストールおよびランタイムのアップデートを行わないように(または許可するように)マシンを設定できます。これらの設定は、Windows レジストリの HKLM¥Software¥Policies¥Adobe¥AIR というキーの下にあります。次の設定があります。

レジストリ設定

説明

AppInstallDisabled

AIR アプリケーションのインストールとアンインストールを許可することを指定します。「許可」する場合は 0 に設定し、「許可しない」場合は 1 に設定します。

UntrustedAppInstallDisabled

信頼できない AIR アプリケーション(信頼できる証明書を含まないアプリケーション)のインストールを許可することを指定します(AIR ファイルへの電子署名を参照してください)。「許可」する場合は 0 に設定し、「許可しない」場合は 1 に設定します。

UpdateDisabled

ランタイムのアップデートを、バックグラウンドタスクまたは明示的なインストールの一部として許可することを指定します。「許可」する場合は 0 に設定し、「許可しない」場合は 1 に設定します。